お役立ち情報
このページにはITコーデイネータの提供するサービスに関連する、さまざまななお役立ち情報を掲載しております。

CMSを活用したホームページ構築

新時代のホームページ創作とは

インターネットの普及に伴い、ホームページというものが個人のみならず、企業や団体の広報メデアとして定着して久しいものがあります。
そのホームページの制作技術はは日々進化しています。
そこで中小企業の経営と一体化したホームページ構築の手段として、CMS (Contents Management System) と RSS という2つの技術に着目しました。
これまでの単なる紙芝居的なホームページから、活動的な利用価値の高いホームページへ脱皮して、より活動的なビジネスモデルを支援することができます。

CMSって何だ? »詳しい説明(Wikipedia)

これまでのホームページづくりは、HTMLという特殊な記述言語を使って作成してきました。
これは専門的な技能を必要とするもで、IT経験のない人が簡単に取り組めるようなものではありませんでした。
それを解決するために、「ホームページビルダ」に代表される作成ツールが普及し、多くの人がホームページ作成に参加出来るようになりました。
しかしそれも限界が見えてきています。

従来の方式の限界とは

  • 結局HTMLを知らないと保守ができなかった・・・易しいと言われていたのにもうお手上げだ
  • デザインを手直ししたいが、表示が崩れるのが恐い・・・まるでガラス細工のようだ
  • ホームページの保守を手分けして行うことができない・・・出来る人が何人もいるのに
  • 掲載記事を修正したいが、特定の保守担当者に頼まないとできない・・・時間がかかる
  • 簡単な修正なのに、あちこちのページの内容を同時に修正しなくてはならない・・・面倒くさい
  • RSS配信のために二重作業が発生する・・・面倒くさい
  • GoogleAnalyticsでアクセス統計を取りたいが、全てのページのコードを修正するなんてやっていられない

その結果

  • 掲載記事が少ない
  • 掲載記事の鮮度が低い
  • 掲載記事の整合性が取れていない
  • 市場の動向の変化を掴むことができない

余程パワーをかけないと、誰も見向かないようなホームページになりがちでした。

CMSはこのような限界を打破して、活動的なホームページを創作するための道具なのです。

CMSによるホームページ作りとは

  • HTML言語による記述から、テンプレート(雛形)部品の組み合わせによる構築へ
  • 機能強化は外部のプラグインという部品を入手して組み込む
  • 着せ替え人形感覚でのデザイン変更

これまでの言語によるページ記述から、積木細工のような組み立て方式に変わります。
その結果デザインの追加変更も、格段に容易に柔軟性を持ってできるようになるのです。

CMSというのはソフトウェアなの?

  • CMSとは特定のソフトウェア会社の製品ではありません。
  • 新時代のホームページ構築を行うためのシステム概念の総称です。
  • CMSにはブログの技術が使われています。
  • デザイン部分と掲載記事部分との物理的な分離が行われています。
  • CMSはパソコンではなくサーバーに導入するソフトウェアです。
  • CMSと呼ばれるソフトウェアパッケージは、ピンからキリまでさまざまです。

掲載記事の投稿は何が変わるの?

  • ワープロ感覚で作成および入力ができるようになります
  • ホームページ専門家でなくとも、Wordの使える人であれば記事の投稿ができます
  • 記事の投稿を手分けしてできるようになります

それにより掲載内容の鮮度や品質も上がり、外目にも活発なホームページに変貌します。
その結果YahooやGoogleなどの検索エンジンにもかかりやすくなり、訪問者も増えます。

さらに加えて次のような利点があります

  • 外部プラグイン機能部品入手による容易な機能強化
  • SEO対策の容易さによるアクセスアップ
  • 優れたテンプレート入手によるアクセシビリティー向上
  • RSSによる外部サイトとの情報連携

RSSって何だ? »詳しい説明 (Wikipedia)

RSSとはホームページサイトに投稿された最新ニュースを、外部に配信する仕組みを支える基礎技術です。
ユーザーがRSS機能を持つブラウザーに、配信元の発行するフィードと呼ばれるファイルのアドレスを登録することにより、投稿されたた新着情報が自動的に 配信されます。
またこの機能を使うことにより、外部の他サイトに情報を配信したり、他サイトの情報を取り込んだりすることも可能です。(そのための専用プログラム開発要)

RSSは非常に魅力的な技術ですが、未成熟なためにまだ一般のユーザーがその恩恵を受けているケースは少ないようです。
しかしWeb2.0と呼ばれる新時代のインターネットの中核技術であることには変わりありませんので、今後の活用が期待されます。

CMSの中のRSSの扱い

CMSを使うと記事の投稿と同時に、RSSフィードにも投稿記事を自動的に書き込むことができます。
従来のHTMLによる作成の場合には、Webページに新着記事を入力してから、RSSフィードにも入力をするという二重作業が必要でした。
これが一本化されることで、RSSの利用可能度が飛躍的に向上しました。

CMSって、そんなにいい事ばかりなの?

いいえ、やはり考慮しなくてはならない注意点はあります。

運営管理者はCMSツールの使い方をしっかりと習得しなくてはなりません。

その技術レベルはある意味、HTMLよりも難しいかもしれません。
でも核になる人が理解できれば、運用できます。

バツクアップについても、CMS独自の手順を知っておかなくてはなりません。

ホームページの管理者と記事投稿者の緊密な連係プレーが必要になります。

何よりも、ホームページを通して社会に情報発信をしたいという 強い意欲が必要です。使いこなせるかどうかは、意欲次第と言っても過言ではありません。

投稿する人、Webライターは本当にワープロ感覚で投稿できるの?

ワープロ感覚と言っても、MS-Wordとは操作感覚は全く違います。
CMSへログインして原稿を入力するという作業を伴います。
また記事の書き方の作法も知らなくてはなりません。
ということで、予め練習して手順を習得しておく必要があります。
でもブログを書いた経験のある人ならば、そんなに違和感なくできるでしょう。

 


東日本震災復興支援プログラム

お役立ち情報・カテゴリ

サービス・カテゴリ

ソーシャルメディア

DL-MARKET

Powered by Movable Type 5.2.10

Creative Commons License

このサイトはクリエイティブ・コモンズでライセンスされています。