お役立ち情報
このページにはITコーデイネータの提供するサービスに関連する、さまざまななお役立ち情報を掲載しております。

デザインセンスを身につける ウジトモコ(著)

表題: デザインセンスを身につける

著者: ウジトモコ(著)

出版社: ソフトバンククリエイティブ

発売日: 2011年9月20日

ISBN10: 4797367075

ISBN13: 978-4797367072

内容紹介

どうしたら「センスのいい人」になれるのか

仕事や生活のさまざまな場面で生きる「デザインの力」とは?デザインはだれにとっても他人事ではない。
普通のビジネスマンにもよくわかる、いちばんやさしいデザインの考え方入門。

知って得する、ふつうの人のためのデザインの話。

デザインの時代と言われます。けれども実際には、
直接業務でかかわらない人にとって、デザインが自分ごととは考えにくいものです。

しかし、デザインを理解しないまま一生を終えることはひじょうにもったいない。
なぜなら、デザインの基本的な考え方を知り、
ほんの少しだけデザインを意識してみるだけで、
誰でも仕事や日常生活のさまざまな場面で必ず「変化」を実感できるからです。

デザインがわかることのメリットはさまざまです。

アイデアが出やすくなる。
わかりやすい書類が書けるようになる。
競合プレゼンに勝てるようになる。
自分のミッションを理解し、仕事がおもしろくなる……。

仕事から離れた場面でも

説明がうまくなったり
整理整頓ができるようになったり
いい写真が撮れるようになったり
ツイッターのフォロワーが増えたり

デザインは、生きる上でのあらゆるスキルと無縁ではありません。

「自分にはセンスがないから」「むずかしそうだから」
「デザインを学ぶにはお金も時間もかかるから」と、諦めてはいけません。

プロのデザイナーとして第一線で活躍しなければいけないという人ならともかく、
普通のビジネスマン(や学生、主婦)であれば、
デザインの基本的な考え方を知り、いくつかのシンプルな原則をおさえるだけで、
誰でも「デザインセンス」をよくすることはできます。

本書では、仕事や日常生活のさまざまな場面を例に
「デザインがわかると体感できること」を取り上げ、
読者のデザイン力向上を図ります。

第一章 センスとは何か?
第二章 なりたい自分をデザインする技術
第三章 プレゼンはデザインで勝負
第四章 デザインでブランドが育つ
第五章 デザインがわかると未来が見える

内容(「BOOK」データベースより)

ツイッターやフェイスブックのアイコン一つにも「デザインセンス」は現れるもの。一億総表現社会の到来といわれるネット時代、誰もがデザインセンスの重要 性を語る一方で、どうすればセンスがよくなるのか、そもそもセンスとは何なのかは、あまり理解されていない。今こそデザインの要諦「トーン・アンド・マ ナー」を学び、センスを磨くための考え方とノウハウを身につける。

著者について

ウジ トモコ
ウジパブリシティー代表。アートディレクター。
広告代理店および制作会社にて三菱電機、日清食品、服部セイコーなど大手企業のクリエイティブを担当。
1994年ウジパブリシティー設立。デザインを経営戦略として捉え、採用、販促、ブランディング等で飛躍的な効果を上げる「視覚マーケティング」の提唱者。
ビジュアルディレクターとして数多くの企業の新規事業開発、事業転換期のデザイン戦略を立案。
視覚戦略を駆使したパフォーマンスの高いクリエイティブに定評がある。視覚マーケティングを軸にしたノンデザイナー向けデザインセミナーも多数開催。
著書に『視覚マーケティングのススメ』(クロスメディアパブリッシング)、
『売れるデザインのしくみ -トーン・アンド・マナーで魅せるブランドデザイン- 』(BNN新社)などがある。
ウェブ http://uji-publicity.com
ツイッター http://twitter.com/UJITOMO


東日本震災復興支援プログラム

お役立ち情報・カテゴリ

サービス・カテゴリ

ソーシャルメディア

DL-MARKET

Powered by Movable Type 5.2.10

Creative Commons License

このサイトはクリエイティブ・コモンズでライセンスされています。