転職戦略

マジか?未経験から楽な介護職になるなら老人ホームがいいってばよ

介護のお仕事って病みつきになりませんか?

私自身この業界に3年間在籍しましたが、ご利用者様から「ありがとう」って言葉をかけられる仕事は他にないんですよね。

どんなに仕事がキツくても、職員同士の人間関係が辛くても、気持ちいいんですよ。

確かに、死と隣り合わせで、しかも人の命を預かる身だから、職員同士ギスギスするのは変えようがない事実。

そういう嫌な部分だけがクローズアップされて、この世界を知らない人達から言わせれば、介護のお仕事ってキツイくて給料安い仕事ってなっちゃうんですよね。

介護のお仕事はケアマネージャーや総務に経理など様々

介護のお仕事と一言でいっても、介護職以外にも様々な職種が存在するのはご存じでしょうか?

老人ホームでは、ヘルパーや介護職がメインで花形職。

彼ら彼女達とタイマンはってライバル関係にあるのが看護職。

もう少し介護職に近い職種であれば、生活相談員や介護支援専門員、いわゆるケアマネージャー、社会福祉士、管理栄養士などの直接処遇職。清掃担当さんやドライバーさん、介護事務担当も忘れてはいけません。

案外知られていないんですが、老人ホームには私のような総務人事職、経理職、営業担当、設備担当、システム担当などの非直接処遇職もたくさん働いています。

介護業界イコール介護士って先入観をなくして探してみると、楽なお宝職種にありつける可能性は高くなります。

そんな介護士以外の職種も順次紹介していきますが、今回は介護士になるにはどうしたらよいのかに絞って紹介していきましょう。

介護士のお仕事は着替えや食事排泄入浴介助がメイン

介護士とは、いわゆる介護の仕事に携わる職種を指すことが一般的には多いですね。

介護福祉士を略して介護士って呼ぶことが多いですよね。うちのホームでは有資格者と無資格者を区別するため、有資格者を介護士、無資格者をヘルパーと呼んでいました。

無資格者といっても、介護職員初任者研修保有者ですけど。

私達、非処遇職員が緊急時以外に処遇すると、法律的に罰せらてしまいますので、お間違いのないように。

介護士の主な仕事内容は、老人ホームにおいてご入居者様の介護全般を行います。ディサービスや在宅支援ですと、ご利用者様と呼びますよね。

メインは、着替え・食事・排泄・入浴の介助と、口腔ケアなどで、輪番制でラジオ体操やレクリエーション、私達はレクと呼んでいますがを担当します。

また季節ごとに、お花見大会や、花火大会鑑賞、秋のバスツアーなども企画されますから、これも輪番制で付き添うことになります。

未経験から介護士を目指すなら働きながらが一般的

介護福祉士になるには、働き始めてから資格の取得を目指す方法と、あらかじめ取得した資格を携えて働き始める2種類の方法が存在します。

介護福祉士になるためには、一定日数の実務実績が必要ですから、基本的に老人ホームなどの施設で働きながら国家資格受験を目指すのが一般的です。

サラリーマンやOLが未経験から介護士を目指すのであれば、基本的にこの実務経験コースを通ります。

実務経験日数は通算されますから、何回転職しようがリセットされないのが面白いところですよね。

他にも、養成施設系大学ルートや福祉系高校ルートもありますが、高校や大学に再編入しなければならないため非現実的です。極まれにですが、大学に入って社会福祉士も取っちゃったってOLがいたりしますが、本当に稀ケースです。

こういう福祉系高校や大学を通ってきた若者たちは、往々にしてお婆ちゃん子・お爺ちゃん子で育った若者が多いのと、既にボランティア活動を通じて老人ホームを知っている、休みの日はボランティア活動に精を出すタイプの若者が多い特徴があります。

一度は見習ってみたいものです。

私が在籍した施設でも、ヘルパーと介護福祉士が明確に区別されていたように、介護職員初任者研修保有者のヘルパーさんと、完全な無資格者も区別されます。

完全に無資格者のヘルパーさんは、清掃担当かドライバーから始まりますので、長期的に見て介護福祉士あるいはそれ以上を狙うのであれば、最低限、介護職員初任者研修を取ったうえで転職に臨むべきです。

介護職員初任者研修であれば、国の職業訓練校で無料取得できます。

転職するならニチイ学館のような大手企業を狙うべし

この介護業界は、2000年に制定された介護保険法の定めにより、民間企業が利益追求目的で始めた介護サービス業で、まだまだ新しい業界です。

毎年様々なサービスが発案され、志を持つ多くの若者たちがベンチャー精神を持ってチャレンジしています。私ももう少し若ければ、彼らと共に夢を見れたのかもしれませんね。

介護業界は今、2025年問題で揺れに揺れています。

団塊世代が75歳で後期高齢者となる2025年は、介護保険の総費用が21兆円に達するとまで言われています。

これはつまり、介護保険が始まった2000年に3.6兆円だった予算が、21兆円になるのですから6倍近く拡大していくことを示唆しています。

そんな中、国が総力をあげて介護業界への転職を促したものですから、多くの転職サービスが乱立し、多くの未経験者が流入して大混乱。

中には甘い汁を吸いたく参入した業者や転職者もいましたが、サービス競争の激化でほとんどが淘汰された形です。

また、給料が上がる・将来性があると信じて参入した多くの未経験者たちが「思ったほど給料が上がらない」「将来性がない」と口コミしたため、余計に介護職は3Kが根付いてしまったものと推測しています。

そんな背景と、2025年問題が刻一刻と近づいている介護業界では、良い人材の取り合い合戦も激化しています。

大手であればあるほど、あの手この手を使い、新卒者を始め条件の良い人材の囲い込みを始めているため、我々のような無名に近い施設は、なかなか人材を確保することが出来ていないのが現状。

それはそうです、ニチイなどの大手がボーナス有、退職金有と打ち出しているのに、中小零細企業は、ボーナスすら支給できなのですから。

こんなことを言うと、元職場の採用担当にシバかれそうですが、未経験で参入するにしろ、転職するなら、可能な限り大手を狙ってください。

もはやここまで差をつけられると、手も足も出ない状態ですね。

ついでに言っておけば、介護度が低い入居者が多い老人ホームや施設を狙うのを忘れないでくださいね。

介護士の年収は300万円だが近日中に100万円上がる

介護士の平均年収は、300万円台が40%、次いで200万円台が30%、400万円台が24%という結果ですが、大手になればボーナスや退職金が加算されますから、年収が500万円である介護士も少なくありません。

日本における平均年収が500万円台ですから、2019年現在、介護福祉士は平均的な水準から見ても低い職種のひとつだと言えます。

じゃあ、将来性がない職種じゃないですか?って短絡的に思って欲しくないのは、管理者や私達総務人事職は、少ない手札であの手この手と介護職員の給与を上げるべく奮闘しています。

これは介護職員処遇改善加算と呼ばれる、付加価値的な上乗せ給与です。

介護施設で働く介護士のための能力向上の仕組みを作ったり、職場環境改善に取り組んだ施設に対して支給される介護士の給料改善が目的な補助金なのですが、様々な要件をクリアする必要があるんですよね。

最上級の点数は加算Ⅰと呼ばれており、一人につき37,000円上乗せしてあげられるんですが、これがまた、頻繁に法律が改正されるもんだから、対応すべく我々が踏ん張るところでもあるんですよね。

今職場でもちきりなのが、国が本腰を入れて介護職の給料アップに乗り出したって話題なんですが、2019年10月より勤続10年以上の介護士には、月8万円のベースアップを敢行するってうわさ。

加算Ⅰと合わせたら117,000円のアップで年収にしたら、140万円近くアップする計算です。

あくまで案レベルなのか、はたまた強行レベルなのかは謎ですが、現在施行されている介護職員処遇改善加算は維持しつつ、技能と経験に基づいて人材を確保すべく更なる処遇改善を図るのが目的と言われています。

近年実施される消費税率アップに合わせ、2,000億円が投じれられるって報道されているじゃないですか?

こんなミラクルが起こるなら、介護士辞めなきゃよかったって嘆きが、あちらこちらから聞こえて来るようです。

様々な働き方ができて絶対に失業しない最強の介護士

介護職は多くの女性が働いていることでも有名ですが、これは介護業界が人材を確保する上で様々な働き方を推奨しており、ワークライフバランス重視で家庭と仕事を両立することが可能なことを意味しています。

働き方ひとつとっても、正社員・契約社員・派遣社員、パート・アルバイト、夜勤専門職いわゆる夜専など、様々です。

また、少ない給料を補うためか副業が公然と行われており、正社員で働いて定時後は他の施設でパートとか、他の施設でケアワーカーをやっているが夜専のみのパートとか、正直、管理するこちらの身になってもらいたいぐらい、様々な働き方を楽しんでいますよね。

私がこの業界に入って一番驚いたのは、やはり何度転職しても採用されること。

人手不足もあって、10回15回当たり前の世界ですよ。

履歴書に書ききれず別表を添付する転職者も多いですし、何より経験も介護福祉士になるための経験日数も通算されますから、本人たちにしてみればなんてことはない。

まぁ、履歴書ぐらいパソコンで作って来てよねって毎回思っていましたが。

パソコンができなくても何とかやっていけるのも、この業界ならでは。

やることと言えば、日報の入力ぐらいですが、未だにひらがな入力しちゃうベテランさんがいるから、その後にやってくる大混乱は、想像付きますよね?ローマ字変換できないから、ギャー助けてーって内線で都度呼ばれるのは、私達非処遇職ですよ。

どんだけブランクがあっても採用されたり、コネ入社がメチャメチャ多いのも介護業界ならではと私は考えています。

他にも採用エピソードは盛りだくさんですが、一度介護の現場に足を踏み入れてみてはいかがでしょうか?

百聞は一見に如かずといいますから、噂で曇り切ったあなたの色眼鏡が透き通ることを切に願っています。

未経験から楽な介護職になるなら老人ホームがいい理由

精神的に疲弊してうつ病になったら悲惨ですよ

僕が煩わしい現代社会から解放されて、心も体もリフレッシュできたわけ

 

詳細ページ公式ページ