楽な仕事資格

楽な仕事に就くなら会計の資格を取ってポジションを奪い取るべき理由

出社したら、今日はどんな嫌な思いをするのだろうかと憂鬱になりませんか?

嫌な上司と一生やっていくって考えると気が滅入るし、煩わしい同僚もウザったい。同期の足の引っ張り合いなんて巻き込まれたくもありませんよね?

楽な仕事に就くには、日ごろからポータルスキルを磨いておくべきですが、できれば努力せずに楽な仕事に就きたい。なんともワガママな考えですが、それが人間です。

努力せず楽な仕事に就くのであれば、楽な仕事に就ける資格を取ってしまうのが一番ですね。最高に楽な仕事に就くなら、一日でも早く取りたい資格とスキルがあります。

簿記を始めとする事務系の資格を取って、唯一無二のポジションを獲得するのです。

資格があれば楽な仕事に転職できるって本当なのか?

「資格があれば転職が有利になる」これは資格スクールがしきりに宣伝しているフレーズですが、街で一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

確かに、資格を取得すること自体は決して間違ったことではありません。

私達採用担当者は、日々送られてくる履歴書に目を通すわけですが、ゴチャゴチャ書かれた経歴よりも端的に記載された資格は、やはり印象的です。

資格は、いわばスキルの証明書です。

ゴチャゴチャ書かれた経歴が目に浮かばないのは、採用者自身が体験していない事象が書かれているからですが、ある程度認知度の高い資格であれば、「簿記の資格を持っているのであれば経理の知識がある」と客観的に判断できます。

転職活動をする際、資格欄に資格を書いたら書類選考を通過できたとか、WEBレジュメに取ったばかりの資格を記載したらプライベートオファーが激的に増えたなんて、よく聞く話です。

こうした背景から、資格スクールや最近ではスマホのアプリを活用して越境学習する若者が跡を絶ちません。

だからといって、どんな資格でも取得してしまえば有利に働くのかといえば、そうではありません。最悪の場合、不利に働いてしまうこともあり得ます。

ですから、いざ楽な仕事に転職しようと考えた時に「こんなハズじゃなかった」と後悔することのないよう、キッチリ情報収集を行うところから始めましょう。

資格があれば楽な仕事に有利に転職できる場合とその逆

繰り返しますが、資格はスキルの証明書です。

資格を持っていて有利に働くのは、これまでのキャリアの客観的な証明書である場合と、未経験だけれども、それ相応の知識を保有している証明書代わりの場合です。

これは年齢が上がれば上がるほど顕著になるのですが、面接ではこれまでに培ってきたキャリアや経験などのポータルスキル、人間性が重視されます。

これらが採用側の望むスペックと合致した時に、採用に至るわけですが資格はあくまで補助的な役割に過ぎません。

じゃあ、楽な仕事に就くのに資格なんていらないじゃん!とシラけてしまいます。

資格は、これまでの経験や知識を客観的に示す指針にすぎませんが、他の応募者との評価が横一線になった時に威力が発揮され、資格の取得自体が決定打になることは稀ですが、知的探求心や向上心の有無を示すパラメーターにはなり得ます。

だったら、税理士や社会保険労務士の難関資格を取って、楽な事務職に就いてしまえばいいじゃないかと考えますよね?

実は私もかつて、税理士や社会保険労務士の資格を取って総務職に就きたいと考えた一人でしたが、結果は惨敗。

採用を担当するようになった今でこそ理解できるのですが、難関資格は採用側にとって最も恐れるべき資格なのです。

難関資格を取っても楽な仕事には就けない大人の事情

社会保険労務士は、サラリーマンのキャリアアップで1位2位を争うほどの不動の人気を誇る資格ですよね。

難関試験であるものの、合格率は毎年10%前後と超が付くほどの難関ではないため、毎年何万人ものサラリーマンやOLが凌ぎを削って社労士試験に挑みます。

しかし果たして合格者の何割が社労士の資格を活かしきれているのでしょうか?

私自身、総務畑を歩んできたので社労士試験には挑戦済みですが、一度も履歴書に書いたことはありません。何故だかお分かりでしょうか?

社労士試験は非常に難しく、生半可な気持ちで合格できるのもではありませんし、それ相応の犠牲を払わなければなりません。アフター5に飲みに行っていた時間や、週末に家族と過ごす時間を削って1,000時間もの学習に充てるのです。

合格者の皆さんは、大いに称賛されるべきです。

でも、採用する立場から言わせてもらうと、「どうせうちは足掛け程度で、2、3年経験を積んだら独立するんだろ?」って危機感をいだくわけです。

もちろん、あなた自身「この知識を使って一生御社に尽くす」と考えていてもです。

それに、ぶっちゃけ自分より知識がある転職者を雇うと、自分の立場が危うくなるためハイスペックすぎる転職者は敬遠されます。

仕事のできない人ほど出世するのは、このためですし、自分より仕事のできない部下で固めておけば、自分の立場は安泰です。

大人の事情で話が逸れてしまいましたが、難関資格を苦労して取った割には稼げないし、就職できないのはそういう裏事情があります。

楽な事務職に就きたいのであれば1日も早く転職すべき

自分が就きたい楽な業界や職種は、総務のプロが厳選した楽な仕事ランキングを参考に、ある程度絞り込めたのではないでしょうか?

それでも就きたい楽な業種や職種が見つからないのであれば、グッドポイント診断の力を借りて絞り込んでみてください。

なかなか出会うことは出来ませんが、楽な仕事は確実に存在します。

仕事自体が楽な場合もありますが、職場の環境が緩すぎて勤務中にスマホゲームがし放題だったり、資格の勉強や内職・アフィリエイトの副業に勤しむサラリーマンも数えきれないぐらいいらっしゃいます。

これらの自由な時間を確保するのであれば、やはり事務職が最適です。

事務職といっても、私のような総務人事職から、経理職、広報職、社内SE、庶務係、工程管理係、設計士など様々です。事務職が人気である所以は、1日中座って仕事ができることではないでしょうか?

私自身、現場にいる頃は「事務職の奴らは、いつも暇でイイよね」って思ってましたよ。

それもそのはず、事務作業は一度覚えてしまえば、自分のペースで仕事ができますから、熟練すればするほど、どうしても手持ち時間が自動的に増えていきます。

加えてパソコンスキルを磨いていけば、もっともっと暇な時間は増えていきます。この空き時間を自分の時間に使えるわけですから、人気なのも納得できます。

ただ問題なのは、その人気ゆえになかなかポストが開かないこと。

妊娠出産を経て復職しても、一度習得したスキルは衰えませんから、楽な事務職に就いたサラリーマンやOLがそのポストを手放すのは、非常に稀な事態であるのも頷けるでしょう。

事務職への転職は年齢を重ねるごとに、難しくなっていきます。

20代、30代であれば未経験でも可能性はありますが、残念なことに40代以降は可能性はないと考えてください。

楽な仕事に就きたい場合取得すべき会計IT介護の資格

事務職への転向は非常に難しいことが理解できたところで、じゃあどうすれば楽な事務職に就けるのよ?僕達私達にはチャンスさえないんですか?って思うでしょうが、そこで活きるのが資格です。

営業事務や一般事務、庶務係は特に女性に人気の職種で、難易度的に難しいものがありますが、経理職や財務職であれば簿記の資格が大いに役立ちます。

しかも、経理職はいつの時代も人手不足です。

経理職は異様に経験が重視される職種で、ちょっとお堅いイメージがあります。しかしほんの少しでも経験を積めば、転職には困らない強力なキャリアを手に入れられます。

私自身、経理職も兼任してきましたから、転職エージェントからお呼びがかかるのは総務職より経理職のキャリアでです。40代で転職歴が5回以上あっても、未だにお呼びがかかります。

加えてITの知識を積んでいけば、誰にも干渉されない唯一無二のポジションを手に入れられます。

会計とITの知識の融合です。

例えば、複数社で様々な会計ソフトを経験する。弥生会計とPCA会計を経験しただけで、転職先から重宝されますし、会計の原理原則が理解できれば、社内システムの運用にも携われます。

会計システムさえ導入していない零細企業であれば、Excelを使って帳簿を作れば重宝されますし、VBAと呼ばれる簡易プログラムを使えば完全に自動化することも可能です。

私がこのポジションにこだわるには訳があります。

会計とITスキルを持つ社員はポジション的に、他の社員から一目置かれることが多く干渉されにくいからです。

重宝されますが、同時に恐れられる存在でもあります。役職を飛び越えて、社長や役員から意見を求められることも珍しくありません。

会計とITスキルに疎い業界を付け加えれば、この傾向はさらに強くなります。例えば、私の最終職歴である介護業界。この業界ほど、経理とITに疎い業界はありません。

もちろん個人的にそう思うだけですが。

会計とIT知識と介護業界の融合です。

もうここまで来ると、楽な仕事を通り越して自分のやりたい放題って感じでした。

楽な仕事に就くため全力で臨んだ管理人からアドバイス

毎日、上司の顔色を伺わったり、煩わしい人間関係がある職場だと気が滅入りますよね?

そんな職場の悩みを持つサラリーマンやOLは、いますぐ転職する気がなくても転職サイトに登録しておいたほうがいいですね。

今は健康でも、私のように鬱病になってストレスや疲労が限界に達してしまうと、転職する気力さえ奪われてしまいます。

マジで辛いですよ、働きたいのに働けなくなるのは。

そうなる前に、気になる求人情報や市場価値をしっかりを把握しておけば、転職という選択肢ができて、ストレスで倒れる前に転職の一手が打てるようになります。

転職サイトの利用は完全無料です。

しかも、WEB上に職務履歴を登録しておけば、あなたの条件にあった求人や、いますぐ面接できるプライベートオファーがメールで届くシステム。

転職サイトに登録したら、ウザい広告メールが来ると思っているでしょうが、最新の転職サイトはメールブロック機能も充実している。

邪魔な情報はブロックして、自分の欲しい情報だけをゲットできるんだったら得にしかならないじゃないですか。

しかも、転職サイトには、適職診断や自己分析ツールが充実しているから使わない手はないですよね?もちろん、無料です。

優良な求人情報が集まるリクナビNEXTはこちらです。

楽な仕事に就くなら会計の資格を取ってポジション取る

  • 資格はスキルの証明書にすぎない
  • 年齢があがるほど資格ではなくキャリアや経験が重視される
  • 難関国家資格は持っていても履歴書に書かないのが無難
  • 一般事務は人気だが、経理職は意外にも簡単に採用される
  • 加えてITスキルを磨けば干渉されにくいポジションに就ける
  • 加えて会計やITに疎い業界を選べばやりたい放題できる

もちろん、簿記や会計の資格でなくとも、事務職に食い込める資格はいくらでもあります。

色々模索してみてはいかがでしょうか?

リストラされて完全に負け組だった中年男がブログで人生逆転した方法

私みたいに精神的に疲弊してうつ病になったら悲惨ですよ。

煩わしい現代社会から解放されて、心も体もリフレッシュできた具体的な方法を教えます。

詳細ページ 公式ページ