楽な仕事見つけ方

経験者が伝授します!楽な仕事に出会うための効率的な見つけ方と手順

給料はそこそこでいいから、とにかく精神的に楽な仕事に就きたいと考える若者が増えています。

可能なら、誰だって楽な仕事に就いて割のイイお給料を貰いたいものですよね?

楽な仕事に就くためには、日ごろから理想のポジションを勝ち取るためポータルスキルを磨く相応の努力をしておかなければなりませんが、努力せず楽な仕事に就きたい。

そういう場合は、楽な仕事の見つけ方を覚えてしまえば、確率はグッと上がるものです。努力せずに楽な仕事に就くのであれば、転職エージェント経由で転職するのが一番。

理由は簡単で、転職エージェントほど転職先の内部事情に精通している情報源はないからです。

楽な仕事を効率的に見つけるには様々な情報源を網羅

Green16_tensyoku20141123163911_TP_V 経験者が伝授します!楽な仕事に出会うための効率的な見つけ方と手順

インターネットが急速に発達した現代では、誰もが気軽に求人情報にたどり着くことができす。しかし実際に転職活動を始めた途端、自分に合った求人情報を見つけるのはきわめて難しいと感じてしまいます。

それは何故か?

多くの転職者が偏った情報収集をしているため、自分に合った求人情報、応募できる求人情報がないと感じてしまうものです。

求人情報そのものは豊富にあり、毎日膨大な情報が更新され追加削除されています。

転職者は、日々流動しているそれら膨大な情報の中から、自分に合った求人情報を見つけ出すためには、様々な情報源からまんべんなく求人情報を探すことが重要。

それぞれの情報源には、偏りがあります。

情報の偏りは、その情報源が持つ特徴でもありますから、それ自体悪いことではありません。ようは複数の情報源を掛け持ちすることで偏りを補う必要があるのです。

私は主に40代・50代の中高年を中心に転職支援を行っていますが、求人情報源を転職サイトだけ、またはハローワークのみと最初から絞り込んでしまう人がほとんど。

それでは「求人情報は膨大にあるのに、自分に合う求人がない」となってしまいます。

楽な仕事を見つけ出すための手順はち密な情報収集が必要

Green16_tensyoku20141123163911_TP_V 経験者が伝授します!楽な仕事に出会うための効率的な見つけ方と手順

自分が就きたい楽な業界や職種は、総務のプロが厳選した楽な仕事ランキングを参考にある程度明確になったのではないでしょうか?

それでも就きたい楽な業界や職種が決まらないのであれば、グッドポイント診断Green16_tensyoku20141123163911_TP_V 経験者が伝授します!楽な仕事に出会うための効率的な見つけ方と手順の力を借りて絞り込んでみてください。

その上で、次はその業界にどんな企業があるのか情報を仕入れていく必要があります。そこで活躍するのが転職サイトや転職エージェントなどの情報源です。

これらの情報源を活用しても、綿密に情報収集しなければ、日々流動している膨大な量の情報を漏れなくキャッチすることは、不可能です。

キャッチするというと、何もせずに向こうから情報が飛び込んできてくれる風に聞こえるかもしれませんが、実際は自ら網を張って可能な限りの時間を使って探し出す必要があります。

釣りをしない人には少し分かりにくいですが、求人情報の収集は投げ網を使って大量の魚を捕るのに非常に似ています。

その為には、ち密にスケジュールを立てて、自分に合う求人情報をくまなくチェックするよう心掛けなければなりません。

もちろん、全ての転職サイトや転職エージェント、ハローワークの求人情報に目を通すことは実質的に不可能ですが、条件の良い楽な求人情報は正に生ものです。

就き手がいないため年中出っぱなしになっている求人情報はさておき、現れては消える求人情報のサイクルは、短く見積もって1週間です。

この短い時間の間で、誰よりも早く求人情報に到達し応募を完了させることが、楽な求人情報にたどり着くための第一歩になります。

ここで手を抜くと、楽な求人情報には出会えないので気合を入れて情報収集に努めてくださいね。

楽な仕事を見つけるための主流は転職サイトから始める

Green16_tensyoku20141123163911_TP_V 経験者が伝授します!楽な仕事に出会うための効率的な見つけ方と手順

いまや求人情報の9割近くがインターネット経由と言われています。毎年数多くの転職サイトが開設され、膨大な量の求人情報が発信されています。

転職サイトはそのビジネスモデルによって、媒体型、ポータルサイト型、サーチ型など5つに分類されますが、全てのサイトの求人情報を漠然と追いかけていては、楽な求人情報にはたどり着けません。

それぞれの転職サイトは、便利な機能を備えていますが、限られた時間の中で効率よく情報収集するのであれば、媒体型を押さえておけば充分です。

媒体型サイトは、リクナビNEXT、マイナビ転職の2大サイトに代表されます。

元々は求人誌に由来し、求人広告型とも呼ばれており、求人掲載企業の掲載料で運営されているため、どちらかと言えば掲載企業の採用意欲は高めです。

ですから、情報収集を行いつつ積極的に求人に応募していけば、自ずと楽な求人情報にたどり着くことができますが、注意しておきたい点もあります。

ご存知のように、今やリクナビNEXTやマイナビ転職はスマホアプリ上からアクセスでき、一旦履歴情報を登録してしまえば、クリック一つで応募できてしまいます。

つまるところ現状では、切羽詰まって転職活動をしていない予備軍をも巻き込んでしまっており、条件が良くて楽な求人情報は、競争が激化しています。

また転職サイトは、便利であると同時に、応募者のフィルタリングを行うことでも有名です。

転職エージェントと違い転職サイトは、転職回数やキャリアに一貫性がない条件の悪い転職者を、システムが自動判別し、お見送りフォルダに送ります。

私のように、条件の悪い転職者は、フィルターにはじかれて、いくら応募してもお見送りばかりな洒落にならない状況に陥ることがしばしば起こるので、気を付けてください。

便利であるが故の競争倍率の激化と、希望しない転職者のフィルタリングが転職サイトの特徴と言えますね。

転職エージェントには血が通った人間がいるから安心

Green16_tensyoku20141123163911_TP_V 経験者が伝授します!楽な仕事に出会うための効率的な見つけ方と手順

リクナビNEXT、マイナビ転職に代表される転職サイトに次いで、求人情報を大量に保有しているのが転職エージェントです。

条件の良いハイレベルな求人情報を持っている点では、転職サイトより優れています。

転職エージェントは、転職サイトと同じく、求人企業の求人業務と応募者のフィルタリング代行している場合がほとんど。

しかも応募条件に合わない場合、先方の採用担当者に転職者の情報が行くことはなく、転職エージェントが揃える駒のひとりとして扱われるだけです。

さらに悪いことに、誰でも登録できる転職サイトと違い、門前払いと呼ばれる登録拒否の危険性があるため、多くの転職者は転職エージェントを避ける傾向にあります。

先方に転職者情報が渡って、選考され採用担当者から不採用が出るのであれば、納得できるんです。正直言って、会ったこともない他人に、しかも採用担当者でもない人間い自分を否定されるのは辛いものですよ?

ただ、転職エージェントは転職サイトとは違い、WEB上に登録された転職者の情報を目視で確認します。

ですから、転職歴が多く、また在籍期間が短く自動フィルターでふるい落とされ続ける転職者は、間髪入れずこちらから積極的に、登録しに行くべきです。

転職サイトがダメだから、自分は世の中から必要とされていないと考えるのではなく、血が通った判定をしてくれる情報源を当たってみるべきです。

意外かもしれませんが、転職サイトが全滅でも、転職エージェントはすんなり登録できた、面接まで進めたケースは少なくありません。

ハローワークは楽な仕事を見つけるための手段だが安月給

Green16_tensyoku20141123163911_TP_V 経験者が伝授します!楽な仕事に出会うための効率的な見つけ方と手順

インターネットが苦手なお父さん方にとって、ハローワークいわゆる公共職業安定所はもっとも身近な情報源です。

ハローワークはれっきとした国の機関で、厚生労働省が管轄し、全国の都道府県の主要都市に置かれています。

ハローワークインターネットサービスは、大量の求人情報を保有しており、他の情報源に比べてフィルター機能がなく、内定を獲得しやすい特徴があります。

我々が狙うべき楽な仕事ランキングに掲載される、精神的に楽な仕事、肉体的に楽な仕事、心身ともに楽な仕事の全てが揃って掲載されています。

もちろん転職者がハローワークで求人の検索をする場合は完全無料ですが、求人を出す側にとっても求人掲載は完全無料です。

ですから、求人を出す側は採用に費用をかけたくない中小・零細企業が多く、未だ待遇面やモラルに問題がある企業が多いのは事実。

興味があって応募して内定をもらったけど、求人票に載っている条件とまるで違っていたなんて話は、日常会話的に聞く話です。

ハローワークインターネットサービスは登録せず自宅でも利用できますが、ガッツリ求人情報を検索したいのであれば、ハローワークに赴いて設置してある端末から検索してください。

ただし、ハローワークインターネットサービスの絞り込み機能は、未だ旧式のものを使っているため、まともに絞り込みができずイライラするかもしれませんね。

希望しない条件の求人も大量に画面出力され、非効率です。いらいらする方は、転職サイトを使ってみてください。

折込チラシと無料求人誌は楽な仕事を探す大切な手段

新聞の折り込みチラシや、駅や商業施設に接しされている無料の求人誌も、楽な仕事を探すのに有効な情報源のひとつです。

この情報源の最大の特徴は、なんといっても地元中心の求人情報が多数掲載されていることですよね?

東京や大阪といった都市部より、人口がより多いベッドタウンや郊外型のものが多い傾向にあります。

ですから、求人内容の多くが地域密着型で、通勤範囲内で楽な仕事を探すのに適しています。

新聞とは逆に、40代50代の求人が圧倒的に少なく、中高年が楽ない事を探す際は年齢条件がアダとなり、厳しい戦いを強いられます。

地域密着型の求人を探す際の注意点は、掲載情報だけに頼らず、独自で企業研究することが必要。

社員が笑っている写真や、上司部下関係なくバーベキュー、職場ではなく野外活動中心に掲載されている求人は、特に注意が必要です。

そもそも、和気あいあいとした職場なんて必要ないじゃないですか?

転職会議や2chをチェックして、ブラックとささやかれている企業は絶対にさけるべきですね。

SNSの口コミ機能は楽な仕事を探すのにメチャ有効

Green16_tensyoku20141123163911_TP_V 経験者が伝授します!楽な仕事に出会うための効率的な見つけ方と手順

転職活動にインターネットを利用する人口は日に日に増加しており、SNSを活用する人口も増え続けています。

少し遡りますが、mixiには転職情報を交換するコミュニティが多数存在していましたが、現在は実名登録が原則のfacebookを活用したサービスに移りつつあります。

facebookは情報交換の場や繋がりを広げられるほかに、プロフィールを公開して直接企業に自分を売り込む転職者だけでなく、facebookを採用手段に用いる企業も増えてきました。

facebookのみを採用手段とすると公表した企業があり、驚いたのは記憶に新しいですが、特にベンチャー企業やIT企業でこの動きが見られます。facebookには様々な機能が日々アップデートされており、今後に期待が寄せられているプラットフォームのひとつですね。

楽な仕事を探す会や、楽な仕事を考察する会など様々なコミュニティがあるので、一度参加して口コミをチェックしてみてはいかがでしょうか?

Twitterは、140文字のつぶやきを発信することが出来るSNS。facebookと違い匿名性が高いのが特徴ですが、実際の企業や自治体がPR目的で情報発信をするのに用いられることが多いですね。

Twitterを使って転職活動を行うのは非常に稀ですが、有名な社長さんをフォローしていたら意気投合して転職してしまった、IT関連の情報発信をしていたらスカウトされたケースを耳にすることがありますね。

逆に、採用担当者もfacebookやTwitterの言動をチェックしていますから、匿名性を盾にして誹謗中傷を行っていた事実を掴まれ内定を取り消された話もよく聞きますから、充分に注意してください。

Linkedinは、海外で転職を希望する転職者には見逃せないプラットフォームで、海外で働くサラリーマンやOLだけでなく、国内外の外資系企業で働くビジネスパーソンとも交流することができます。

楽な仕事があるかどうかは、微妙なところです。

コネ縁故は楽な仕事を探すためのリーサルウェポン

Green16_tensyoku20141123163911_TP_V 経験者が伝授します!楽な仕事に出会うための効率的な見つけ方と手順

強力なコネがあれば辛い転職活動をせずに、楽して内定がもらえるのになぁと後悔したことありますよね?

しかし、コネなんてないのが一般ピーポーです。

そもそもコネがあれば、楽できる外郭団体にでも就職しているところですが、後悔してばかりはいられません。

我々一般ピーポーは、現実を直視してコネを探すべきです。

「そんなものはない」と探す前から断言している転職者が多いのですが、探せば案外見つかります。

  • 身内や友人、知人
  • 過去の勤務先の同僚、上司、取引先、外注先
  • 出身校の同級生、恩師、先輩
  • 地元の政治家、町内会、自治会、氏子、檀家
  • 趣味仲間、飲み仲間、ネット仲間

探せばいくらでもリストアップできます。

私自身の経験ですが、趣味仲間、飲み仲間には片っ端から「仕事はないか?」と聞き回った時期があります。

もちろん「楽な仕事はないか?」と聞くと、「そんなのこっちが知りたいぐらいだ」と逆キレされるのは明白ですから、1杯おごるからと呼び出して仕事の話題をそれとなく振るのがコツ。

私の場合リストラされて失業中でしたから、「職場に欠員が出れば話を回して欲しい」と、それとなく伝えていました。

楽な仕事かどうかはさて置き、精力的にコネ獲得活動を行っていれば、それなりに求人情報は回ってきます。あとは、転職会議と2chを使いブラックか否かチェックするだけです。

簡単でしょ?

それでも、「プライドがあるから聞けない」とか「ご近所さんの手前もあるから探せない」としり込みする方が多いのですが、転職活動中である・失業していると言わなければ、怪しまれることはありませんね。

意外かもしれませんが、介護業界の転職に占めるコネの割合は非常に高いんです。

ええ、私達採用担当者も、従業員の知り合いであれば人となりを担保できますし、何より転職サイトやエージェントに支払うべき報酬を支払う必要がないのが最大の魅力ですね。

新聞は倍率が高すぎて楽な仕事を探しには向かない

Green16_tensyoku20141123163911_TP_V 経験者が伝授します!楽な仕事に出会うための効率的な見つけ方と手順

新聞は、転職情報源としては老舗中の老舗です。

最近では新聞を定期購読する家庭が減ったせいか、紙中に求人広告欄の形で掲載されていることを知らない若者が増えていますね。

新聞の求人広告欄に掲載するためには、企業が負担する広告料が他の情報源と比べ物にならないぐらい高いため、大手企業や利益還元率の高い企業の求人情報が多い傾向にあります。

多くのビジネスマンが購読している日経新聞の求人広告掲載曜日は、日曜日で、主に金融証券関係の求人が多く、また転職エージェントの非公開求人情報も多く掲載されていますよね?

大手企業の求人に募集できることは魅力ですが、注目度が高く、応募者が殺到する傾向にありますし、中心となる新聞購読層である40代から60代向けの求人が多いのが特徴です。

そもそも論になってしまいますが、新聞に楽な仕事ランキングに入る職種が掲載されることは稀です。

こういった理由から、私が楽な仕事を探す場合の手段として新聞を推奨していない所以なのです。

また新聞によって、掲載される求人の業界・業種の種類が大きく異なり、曜日ごとに組まれる職種も違っていますので、朝日新聞に希望する求人が掲載されていなかったから、他の新聞にも載っていないと考えるのは、時期尚早ですし危険です。

楽な仕事に就くため全力で臨んだ管理人からアドバイス

毎日、上司の顔色を伺わったり、煩わしい人間関係がある職場だと気が滅入りますよね?

そんな職場の悩みを持つサラリーマンやOLは、いますぐ転職する気がなくても転職サイトに登録しておいたほうがいいですね。

今は健康でも、私のように鬱病になってストレスや疲労が限界に達してしまうと、転職する気力さえ奪われてしまいます。

マジで辛いですよ、働きたいのに働けなくなるのは。

そうなる前に、気になる求人情報や市場価値をしっかりを把握しておけば、転職という選択肢ができて、ストレスで倒れる前に転職の一手が打てるようになります。

転職サイトの利用は完全無料です。

しかも、WEB上に職務履歴を登録しておけば、あなたの条件にあった求人や、いますぐ面接できるプライベートオファーがメールで届くシステム。

転職サイトに登録したら、ウザい広告メールが来ると思っているでしょうが、最新の転職サイトはメールブロック機能も充実している。

邪魔な情報はブロックして、自分の欲しい情報だけをゲットできるんだったら得にしかならないじゃないですか。

しかも、転職サイトには、適職診断や自己分析ツールが充実しているから使わない手はないですよね?もちろん、無料です。

優良な求人情報が集まるリクナビNEXTはこちらGreen16_tensyoku20141123163911_TP_V 経験者が伝授します!楽な仕事に出会うための効率的な見つけ方と手順です。

楽な仕事に出会うための効率的な探し方と手順まとめ

最後に要点を纏めておきますので参考にしてください。

楽な仕事を効率的に探すには

  • 情報源を網羅し、ち密に情報収集する
  • 媒体型の転職サイトで情報を収集しつつ、求人にも応募
  • 転職エージェントは不利な条件を持つ転職者でも登録可能
  • ハローワークは楽な仕事を探せるが全体的に安月給
  • 折込チラシと無料求人誌では地元密着型の楽な仕事を探そう
  • SNSとコネをフル活用して楽な仕事を探すべし
  • 新聞は福利厚生の良い大企業が多いが倍率が高すぎる
リストラされて完全に負け組だった中年男がブログで人生逆転した方法
CTA1000×500(2 リストラされて完全に負け組だった中年男がブログで人生逆転した方法