仕事に疲れた人達へ

法律の後ろ盾が欲しく汐留パートナーズを退職代行で頼った私のレビュー

もうすぐ平成が終わりますが、妙に世の中がギスギスしています。

連日テレビで流される話題は暗いものばかり。

我が家はもっぱらビデオ派なんですが、やれ煽られただの煽り返しただの、ちょっとしたキッカケで切れまくる現代人。

強い者が弱い者を虐める、この構図があなたの職場でも繰り返されているのではないでしょうか?

私自身、転職先で出会った最凶の粘着質オヤジにロックオンされうつ病を発症。

事あるごとに呼び出されては、「お前のため」と終わりの見えない説教タイム。周りの同僚達も、私を生贄の如く差し出して見て見ぬふり。

1年間の休職を経て、戻るか辞めるか決められないまま自主退職。よくある話です。そんな時、私が頼ったのが弁護士による退職代行サービスでした。

世間で話題の退職代行って何をしてくれるサービスか?

1828960 法律の後ろ盾が欲しく汐留パートナーズを退職代行で頼った私のレビュー

私が退職代行を使った数年前とは違い、2019年現在、猫も杓子も退職代行サービスを始める業者が続出といった現象が起こっています。

「退職代行1万円ポッキリ」を謳う業者まで現れ始めたので、どこの業者に頼もうか迷っている人が続出しているのではないでしょうか?

数年前の私は、休職中で傷病手当金を受給。退職後も継続して手当金の給付を充てに療養していました。

うつ病で人前に出ることさえできなかった私にとって、傷病手当金を絶たれるイコール死を意味していました。

ですから、絶対に何があっても失敗だけはされたくありません 。

激安とまでは行きませんが、弁護士か行政書士が直接、退職届を内容証明の形で送ってくれる有資格者にお願いしようと考えました。

そもそも今話題の退職代行って、どういうサービスかご存じですか?

退職代行は違法だ!って何も知らず言いきる人もいて不安なので、サービスの提供を受ける前に少しネットで調べてみました。

退職代行とは、退職したいのに辞めさせてくれない、あるいは「辞めたい」と言い出せない環境下にある場合、退職希望者に代わって退職の意思を示すこと。

そして肝心の退職代行サービスは、退職したい意思のある人に代わり、労働上の問題がある会社に退職の意思を伝えるサービス全般を指します。

サービスの簡単な流れはこうです。

退職の意思がある依頼者に代わり、会社に対して電話で退職の意思を伝えてくれます。退職に際して残っている有給休暇をどうするか、私物や貸与物、保険証の返却指示を出してくれます。

私が重要視したのは、やはり弁護士などの有資格者が行う退職代行サービスであれば、退職できるできないについて法律的に主張することができる、退職の意思は強力な内容証明で送ってくれる点でした。

弁護士以外の非弁論者が行うサービスは、万が一の場合が想定されました。

退職できるか否かについて法律的に主張ができず、依頼者にとって最悪な結果になる可能性もあり得ない話ではなかったからです。

汐留パートナーズ法律事務所は退職代行の他に何が得意

1828960 法律の後ろ盾が欲しく汐留パートナーズを退職代行で頼った私のレビュー

そこでネットで偶然見つけたのが、退職代行を行う法律事務所。

名称:弁護士法人 汐留(しおどめ)パートナーズ法律事務所

代表者:佐藤 秀樹(弁護士)

登録番号:33420

所属会:第一東京弁護士会

住所:〒104-0061東京都中央区銀座7-13-8第二丸高ビル4階

電話:0120-977-727

汐留パートナーズ法律事務所が行っているのは、弁護士事務所による退職代行サービスで、非弁業者と異なり法律的に対処してくれるので、安心して任せることができます。

事務所の歴史は、2009年1月から始まっており、企業法務全般、訴訟等の裁判業務、顧問事業、コンサルティングなどの相談窓口として活躍されています。

弁護士業務だけでなく、公認会計士・税理士・社労士・司法書士・行政書士・海事代理士の国家資格保有者が多数在籍して、交通事故の示談に力を入れているようでした。

少し、事務所の評判と佐藤弁護士の評判が気になったので、調べてみました。

汐留パートナーズ法律事務所の世間の口コミを集めた

1828960 法律の後ろ盾が欲しく汐留パートナーズを退職代行で頼った私のレビュー

前妻との離婚調停や、ご近所トラブルで弁護士を使うのはもう4回目ぐらいの私。無料相談は数え切れないぐらい行ってますから、気になるのはやはり弁護士の口コミです。

いくら弁護士が正義の味方だから、全ての弁護士さんが親切で正しいことをしているわけではありません。

中には悪徳弁護士もいらっしゃいますし、万が一、料金を払ったのに対応してくれない事態が起きないよう、世間の声だけは拾っておく必要があります。

まずは現社員、元社員のかたからの口コミを探しました。

1828960 法律の後ろ盾が欲しく汐留パートナーズを退職代行で頼った私のレビュー
女性の口コミ
若い方ばかりで現在成長中のようですが、士業であるので、安定性という面では普通の企業に比べると低いかもしれません。(中略)社長の話だと、どんどん拡大したいそうです。

1828960 法律の後ろ盾が欲しく汐留パートナーズを退職代行で頼った私のレビュー
女性の口コミ
未経験だろうがなんだろうが最初からバンバン仕事を振られるので、独立したい人には修行として良いかもしれませんが、じっくり教えてもらいながら成長したい人には不向き化もしれません。

佐藤弁護士は、汐留パートナーズ法律事務所の他にも、5社を運営しているやり手の弁護士で、従業員の評判は上々です。

続いて私は厳しい評判が多い2chで探してみました。

それらしい書き込みは見当たりませんでした、さすがに弁護士法人の批判を堂々とする人はいないんでしょうか?

日本弁護士会、弁護士ドットコムなどで「佐藤秀樹「汐留パートナーズ」など検索してみましたが、これといった悪評も見当たらず、私は満を持して無料相談すべくLINEでお友達登録。

汐留パートナーズ法律事務所を使うメリットデメリット

1828960 法律の後ろ盾が欲しく汐留パートナーズを退職代行で頼った私のレビュー

私は多くの退職代行業者の中から、知名度が最も高い業者、最も料金が安い業者、弁護士が対応してくれる弁護士法人の3社に絞り込み接触を開始。

世間の口コミはあてにならないため、実際肌で感じて良しあしを決めたいと考えたからです。

私が最終的に弁護士による退職代行に決めた理由は、万が一の場合に突入しても法的後ろ盾を得ることができると考えたからです。

汐留パートナーズ法律事務所を使うメリット

  • 退職代行だけでなく、未払給料・残業代、退職金等の請求に関しても対応
    (着手金は無料で成功報酬は、経済的利益の20%)
  • 逆に会社から損害賠償された場合の交渉
    (万が一もめても弁護士が法律を盾に立ち向かってくれる)

弁護士による退職代行を使うデメリットも少し考えてみました。

世間では

汐留パートナーズ法律事務所を使うデメリット

  • 54,000円は少し割高
    (もっとも有名なEXITの退職代行と同じく54,000円)
  • 支払いが銀行振込のみで面倒

と言われていますが、私の場合どちらにも当てはまらなかったので、このまま無料相談に突入しようと考えました。

汐留パートナーズ法律事務所はこんな人におすすめ

弁護士が直接退職の意思を伝えてくれる退職代行サービスですが、特に私のように退職の意思をちゃんと伝えられない弱気な人は、代行サービスを使ってさっさと辞めるのが手です。

「まだ行ける」「中途半端な期間で辞めるのは恥だ」と粘り過ぎると、私みたいにうつ病になって何年も苦しむハメになります。

  • 上司を目の前にすると率直な意見が言えない
  • パワハラで脅されるので直接退職を切り出せない
  • 万が一の場合に備えて弁護士に味方に付いて欲しい
  • 退職後も職場に何らかの手続きを継続しなければならない
    (私の場合が傷病手当金の請求手続き)
  • うつ病で休職中のため思うように動けない
    (私の場合がこれでした)

私を担当してくれた弁護士さんは、私が何ら労使上の問題を抱えていないことに疑問だったみたいで、何度も「本当にうちを使うのか?」と聞いてきました。

その後のやり取りで、うつ病で休職中のため思うように動けないと伝えると分かってくれましたが、何らかのトラブルを抱えた20代から30代の相談が多いようです。

一方、弁護士法人による退職代行を使わなくていい人もいますよね?

  • 他人に代行を頼むなんてありえないと考えている人
  • 万が一の場合に遭遇しても自分で乗り切れる強い人
  • 退職すれば職場ときれいサッパリ別れられる
    (退職後に継続して何かお願いしていない)

こうあるのが普通の大人、普通の40代ですが、精神的ダメージが大きく、これ以上悩み事を増やしたくなかった私に選択肢はありませんでした。

決め手は法律の加護!汐留パートナーズ事務所と他の比較

と、ここまで色々調べてきた私は、最終的に2社に絞り込めました。

弁護士の法的後ろ盾が安心の法律事務所か、業界最安値で代行業者としての実績もあるニコイチでした。

相談開始:0日目

1828960 法律の後ろ盾が欲しく汐留パートナーズを退職代行で頼った私のレビュー

両社とも6月5日にLINE登録して6月10日まで、高い方の弁護士法人か、安い方のニコイチかで散々迷いました。

後々の事を考え安心を取るか、傷病手当金暮らしだから安い方にすべきか…オッサンは永遠迷ったわけです。

そんな優柔不断な私の背中を押してくれたのが、妻と心療内科の担当医でした。

「ほんの少しの心配事をも消し去るのが休職期間の意義」と、担当医のM先生。

「お金がないなら出してあげるから」と心強い妻の一言に押され、当初から「ここに頼もうと」決めていた法律事務所さんにお願いすることにしました。

 弁護士料金(税込)LINE対応知名度
汐留パートナーズ法律事務所佐藤 秀樹54,000円
1828960 法律の後ろ盾が欲しく汐留パートナーズを退職代行で頼った私のレビューニコイチ×28,000円×
1828960 法律の後ろ盾が欲しく汐留パートナーズを退職代行で頼った私のレビューEXIT×54,000円
(パは32,400円)

私が他の2社と法律事務所で散々迷った理由を記しておきます。

EXITとの違いは知名度の違い

EXITは時代の風雲児こと岡崎雄一郎氏と、新野俊幸氏が共同で2017年に設立したセンシエス合同会社が運営する退職代行サービス。

たった2年間で、対応した件数が1000件とは驚異的。

今やEXITの名を知らないサラリーマンはいないのではないでしょうか?

名称:EXIT株式会社(旧センシエス合同会社)

代表者:新野俊幸 岡崎雄一郎

住所:〒150-0044東京都渋谷区円山町5-4道玄坂ビル5F

NHKを始め、多くのメディアで取り上げられたことで一躍有名になり、メディア掲載実績No.1を自負しています。

ただ、退職代行料金が54,000円と汐留パートナーズ法律事務所と同額だったため、第一段階で私の候補から消えました。

ニコイチとの違いは料金の違い

最後に悩みまくったのがニコイチ。

電話代行業としての実績が有名なニコイチは、2004年に創業した老舗中の老舗です。

非弁業者でありながら、退職代行成功率は14年間で100%と驚異的で、かつ料金が28,000円ポッキリという良心的な価格設定が、多くの悩めるサラリーマンの心を掴みました。

名称:株式会社ニコイチ

代表者:山田照子

住所:〒411-0934静岡県駿東軍長泉町下長窪731-1

これまでに退職させた人の総計は4575人と、これまた驚異的。

14年間でトラブルなしと聞いていましたが、万が一も考えられました。うつ病で休職中でなければ、ニコイチにお願いしたかもしれません。

最終的に、私は消去法で法律事務所へお願いすることになりました。以下、私が退職までに要した経緯をドキュメント方式でお伝えしますね。

私が弁護士法人を探しあてて退職するまでの9日間

いまこうして振り返ってみると、弁護士法人にLINEで接触して、散々悩んで退職届が受理されたと連絡を受けるまで、たった9日間しかかかっていないんですよね…。

当時は、「本当にこんなんで大丈夫か?」って毎日ドキドキして過ごしていましたから、もっと時間がかかったような気がします。

では、早速行ってみましょう!

STEP1:まずはLINEで無料の相談をしてみた

相談開始後:5日目

(弁護士法人か最安値の代行業者で迷っていた)

1828960 法律の後ろ盾が欲しく汐留パートナーズを退職代行で頼った私のレビュー 1828960 法律の後ろ盾が欲しく汐留パートナーズを退職代行で頼った私のレビュー

ネットで良い口コミの代行業者を探してもイイですが、私の厳選した3社であれば知名度・信頼度共に抜群ですから、安心してサービスを受けることができます。

初回の無料相談の段階では

  • 正社員か非正規か?
  • 退職の希望日はいつか?
  • 私の住まいはどこか?

について聞かれました。

LINEなら通信費もかかりませんし、アプローチ方法としては悪くないなと感じました。

ただ、スマホを持っていない世代には、少々キツいサービスかもしれませんね。

免許証を送ったところで、退職代行に関する委任書と契約書がPDFで送られてきました。

これぐらいキッチリしていると、万が一何かあっても大丈夫だと強く確信し始めます。

STEP2:54000円を先払いして正式な契約を結んだ

相談開始後:5日目

この間にLINEからいったん離れて、電話でのやり取りが5分ほど続きます。もちろん、本当に存在する人間か確認するため、電話は法律事務所から私の携帯電話へ。

ですから、無駄に通話料を払う必要もありませんでした。

この辺りの気配りがさすが、弁護士法人と思いましたね。

退職代行のため、弁護士法人が受け付けているのは銀行振込のみでした。

非弁業者の多くがクレジットカードや現金手渡しも受け付けているのに対し、強気だなと感じましたね。

まぁ、インターネットバンキングで、ものの数分で振込が完了したので何の障害もなかったですが。

1828960 法律の後ろ盾が欲しく汐留パートナーズを退職代行で頼った私のレビュー

携帯電話番号と免許証のコピーに加えて、LINEのSMSビデオ通話機能で最終的な本人確認を求められました。

本来なら、東京の事務所までお越しいただくのが正式なのですが、今回は遠方ということで特別にビデオ通話機能を使う流れになりました。

さすがにこれだけのために東京往復はキツいよな…。

1828960 法律の後ろ盾が欲しく汐留パートナーズを退職代行で頼った私のレビュー

携帯電話番号と免許証のコピーに加えて、LINEのSMSビデオ通話機能での三段階認証で契約が完了となるようでした。

幼馴染の弁護士に聞いたところ、これらの手続きは弁護士法(詳しくは弁護士の方に聞いてください)で細かく決められているらしく、とにかく煩雑だそうだ。

後日、先ほどPDFで送られてきた仮契約書と委任状の本体が届くとのこと。

あまりご近所さんや配達員に知られたくなかったので、弁護士事務所ではなく個人名で送ってもらうことを希望しました。

(後日、弁護士さんの個人名だけが書かれた封書が届きました)

54,000円が払えないってなら、アフィリで稼いで払ってもいいんじゃない?

STEP3:再度詳しい打ち合わせがLINEで行われた

相談開始後:5日目

1828960 法律の後ろ盾が欲しく汐留パートナーズを退職代行で頼った私のレビュー

二段階認証と振り込みが終わったところで、怒号の如くLINE通話で質問項目が送られてきました。

  1. 勤務先会社名
  2. 勤務先住所
  3. 勤務先電話番号
  4. 勤務先代表者名
  5. 本社住所
  6. 入社年月日
  7. 退職希望日
  8. 有給休暇の有無
  9. 有給休暇の消化の有無
  10. 雇用契約書の有無
  11. 未払い給与(本日時点)
  12. 未払い残業代(本日時点)
  13. 退職金の有無
  14. 会社に置きっぱなしの私物の有無
  15. 貸与物の有無

まさかこれだけの項目全部LINE通話で返せってことですか?

ここだけは想定外でした。

Gメールも教えてるんだから、せめてそっちに送って欲しかったのが私の唯一の小さなクレーム。

STEP4:法律事務所が会社に退職を伝えるフェーズ

相談開始後:6日目

1828960 法律の後ろ盾が欲しく汐留パートナーズを退職代行で頼った私のレビュー

最後に、LINEのSMSビデオ通話機能で私が担当してくれる弁護士に直接意思を伝える番。

ようは最終の意思確認ですね。

この場では、「あなたがYESと答えれば内容証明を発送しますが、本当にこれでイイんですね?」って聞かれます。

労働基準法的には、退職届を提出して2週間で退職できる話ですから、退職希望日まで3週間ほどしかなかった私のケースで、担当の弁護士さんが多少焦っておられました。

情けない話ですが、当時の私は精神安定剤を服用していてそういう判断が鈍っていました。

そこで弁護士さんが、退職希望日までを逆算して間に合いそうにないと判断したのか、他の案件を後回しにして私の案件を最優先で処理してくれました。

ビデオ面談の当日に、退職届を作成し内容証明で発送。

これはメチャメチャ嬉しかったですね。

後はひたすら弁護士法人からの吉報を待つのみのフェーズに入りました。

STEP5:法律事務所から承諾の報告が来て残務整理を開始

相談開始後:9日目

1828960 法律の後ろ盾が欲しく汐留パートナーズを退職代行で頼った私のレビュー

いい知らせが入ったのは意外にも早く、私が本格的に無料相談を開始してから9日目でした。

もともと、6月30日を退職希望日としており、内容証明の退職届が届いたのが恐らく13日か14日。

普通、弁護士から企業あてに内容証明が送られてきたら、否が応でも対応せざるを得ないから、このスピードだったと推測。

恐るべし弁護士パワー、恐るべし内容証明の威力と感心しているのもつかの間、貸与物等の引き渡しについて担当弁護士さんから連絡がありました。

  • 保険証は月末に返却のこと
  • セキュリティカードは即日返却のこと
  • 会社のロッカーを勝手に開けていいかの同意
  • 毎月振り込んでいた社会保険料の振込期日

職場の同僚から連絡があるのかと思いきや、意外にもあっさり退職が認められて終わってしまいました。

もちろん、ロッカーや机の中に私物が残っていましたが、それを見るたびに粘着質なメガネを思い出しそうで、私は「一切不要、勝手にロッカーと机を開けて捨ててください」と伝えてもらいました。

以上、私が退職代行を弁護士法人に丸投げした経緯です。

汐留パートナーズを退職代行で頼った私のレビューまとめ

最後に要点を纏めておきますので参考にしてください。

汐留パートナーズについて

  • 退職代行の他に弁護士業務全般を手掛けている
  • 特に悪い口コミ・評判は見当たらず
  • 弁護士の退職代行を使うメリットは法律的対処可
  • 業界最安値級のニコイチと抜群の知名度を誇るEXITが比較対象
  • 法律事務所に依頼して退職が承認されるまでたった1週間だった
リストラされて完全に負け組だった中年男がブログで人生逆転した方法
CTA1000×500(2 リストラされて完全に負け組だった中年男がブログで人生逆転した方法