働きたくない人向けのコラム

理不尽すぎる世の中で疲れもサラリーマンを続ける理由はもちろん安定

人生って理不尽ですよね?

サラリーマンをやっている頃は努力してもしなくても貰える給料は同じでしたが、フリーになってからは何をやっても報われないことを知りました。

もちろん、調子のいい時は青天井でイケイケですよ。

一心不乱に記事を書き殴ってはうなぎ上りの収益を味わって散財したと思えば、何をやっても報われない非情な時を過ごすことも多くなりました。

こんなことなら病気持ちでも、へいこらしてサラリーマン続けておけばよかったなんて弱気になります。

社会に揉まれながら上を目指し頑張ったがある日疲れた

父親がサラリーマンだったこともあり、大学を出てサラリーマンになることに疑問は持たなかったし、朝家を出て、夜遅く帰ってきても何も感じなかった。

そう、自分がうつ病だと診断されて休業を余儀なくされるまではね。

子供の頃は何かになりたかったんだろうけど、現実に直面してサラリーマンをやる以外の選択肢がなかったのはいい訳なんだろう。

この20年あまり自分は何をするために社会に出たのかも分からずに、上を目指して頑張った。同期達よりも出世したい、頑張ればいつか誰かが認めてくれると転職したりスキルを磨いたり。

考えてみれば、一生懸命働くという仕事の生きがいだけを糧に生きてきたんだよな。

「現代社会においては、身分や階級ではなく仕事によって人の値打ちが決まるんだから、お前も頑張れよ」と死んだ親父が言ってたっけなぁ。

父親は家が貧しく高校までしか行けず、自分が育てた部下たちがどんどん上司になり重役になる様を見てきた苦労人。

「どんなに仕事ができても大企業では、俺はただの高卒だからそれが悔しくて悔しくて」が口癖だった。

そんな思いを一身に背負ってか、私は絶えず誰かと争い勝ち抜いてきた。いつか自分は、父の仇を取り重役になってやるんだと、しんどい思いをしながらも社会に貢献してきた。

でもそれもどうでも良くなって、会社も世の中もどうでもいいやって思った瞬間、私は壊れていたんだろうな。そして負け組と呼ばれたり、挫折者って呼ばれる人種になっていた。

月並みに頑張れ戻って来いと言うけどため息しかでない

世の中には、星の数ほど仕事に関する書籍が出版されている。

私が理解不能な難しい本から、有名人の言葉を検証したベストセラー本、その多くが努力が成功への近道だと書いてある。

イチロー選手やホリエモン氏のように私にも才能があれば、有名人になれたのだろうか?「お袋はどうして俺を才能ある子として産んでくれなかったんだ」って恨んだこともある。

他責に走るなんて、私はなんて弱い人間なんだろうか。

一方で、そんなにアクセク働く必要はないんだ、自分らしくのんびり生きたらイイじゃないか的な本には心底憧れたもの。

サラリーマンという雇われの身分を飛び出して、パソコン片手に世界中を飛び回るブロガーとかノマドって呼ばれる人たちだ。

私自身がそうであったように、ウザい上司や煩わしい職場の人間関係に悩むサラリーマンはみんな、こういうスタイルの働き方に憧れたんじゃないだろうか?

でもなり方が分からない。

やっぱり才能がある人達が自由な生き方をしているんだろうか?幸運に恵まれた者達だけがオイシイ思いをしているんじゃないだろうか?って妬んでしまう。

どんなに努力して社に貢献しても、口だけのゴマすりが得意な同期の方が出世していく。逆にだ、口だけで実力もない中間管理職がある日突然ボタモチ物の役職に就いてしまうことだってある。

結局、世の中は理不尽だし、努力していても報われないだけでなく、努力もしない人間がメチャメチャ報われることだってある。

それが大人という品格じゃないだろうか?

理不尽な世の中に適合できず私はある日フリーの道へ

実力もなく媚びへつらっている奴らも、心に闇を抱えてはいるんだと思う。

私は共に戦ってくれる仲間に出会えたが、彼らは実に孤独だ。

社会に出て仕事をすることは理不尽なことをすべて受け入れて、頑張っても頑張らなくても手厚い保障を受けることができる特典があるんですよね。

もがいて毎朝ため息をついてもつかなくても、貰える給料は同じ。自分という人間が社会でいかなる役割を果たすかも分からいまま、定年を迎えるんだろう。

日々の不満に耐えられなくなって転職するものの、サラリーマンに不安を感じながらも、サラリーマンするしかない凡人は逃げることもできないんだ。

私はそんな生活を20年続けてきたけど、自分がうつ病になったのがキッカケで新しい世界に飛び込んでしまった。

自分が望んでいた仕事にやっと巡り合えて、自分のしたいように生きれるようになったけど、決してバラ色の人生が待っているわけではなかったと、今痛烈に感じている。

結局のところ、自分は何になりたかったのか?不労所得を得て世界中を旅することか?使い切れない金を手にして、仕事もせず家族や友人たちと遊びほうけることなのか?

もう後に引くことはできないけれど、この世界でも負け組になるんじゃないかって不安は一日たりと消えたことはないんだから。

だから敢えて言おう、覚悟のない者はこの世界に来ちゃダメだ。ブロガーやノマドも現れては消える、元サラリーマン、元社畜、元エリート銀行員など夢を見てこの世界にきた多くの脱サラマン達は、現実を目の当たりにして古巣に戻っていく弱肉強食の世界なのだから。

理不尽すぎる世の中で疲れもサラリーマンを続ける理由

立て続けにアップデートを喰らい、少し気が滅入ってしまいました。売り上げが倍になることもあれば半減して目の前が真っ暗になることもあるこの世界。

来るなら相当の覚悟を持ってきてください。

現役時代の3倍以上働ける自信があるなら、この世界はきっとあなたにとってパラダイスですから。

精神的に疲弊してうつ病になったら悲惨ですよ

僕が煩わしい現代社会から解放されて、心も体もリフレッシュできたわけ

 

詳細ページ公式ページ