精神的に楽な仕事

マジか?生徒たちと踊るだけで月収30万円のダンスインストラクター

趣味みたいなお仕事って、一生に一度は経験してみたいと思いませんか?

僕も、学生の時はプロの釣り師には、随分と憧れましたね。楽ですよね、毎日楽しみながら給料もらえるのって。

だって気楽じゃないですか、辛いことなんてないんでしょ。それだけで給料30万円もらえたら、人生勝ったも同然じゃないですか?

仕事というより生徒たちと楽しんでいるだけ

みなさん、こんにちは!現在は0歳の子供を育てながら、フリーライターとして働いている佐藤です。

夫と3人でてんやわんやながらも、幸せな毎日を送っています。

私は、営業から事務までかなり多くの職種、業種を経験しています。中でも、一番楽だったとのは、ダンスインストラクターです。

もちろん正社員として、フィットネス施設に所属し、結婚までの数年間働かせて頂きました。

難しそうと思った方も少なくないでしょうか?でも、びっくりするくらい楽で楽しく、さらにやりがいもありましたよ。

仕事内容は、お客様にダンスを教えるというよりは、お客様と共に楽しい時間を過ごすことです。

音楽やダンスが好きな人なら、こんな幸せな仕事はありませんね。

レッスンはストレッチからはじまり、簡単な筋トレ、簡単なリズムトレーニング、そして最後の30分程は、もちろんダンスです。

途中で長々と、雑談が入ることもしばしばです。

レッスン前に踊る曲を決めたり、振り付けを考えるといった手間はかかりますが、慣れたら5分で作れます。

レッスンは自然と、自身のストレッチや筋トレもできるので一石二鳥。

私の場合、小学生から70代シニアまで教えていて、1日3.4本、週に20本近くクラスを持っていました。

もちろん、普通の正社員なので、空いた時間にデスクワークをすることも多少はありました。

生徒達の成長を見た時の感動は忘れられない


ダンスインストラクターというと、肉体的に楽とは言えませんよね。

イベント前だとレッスンもハードなので、さすがにきつい日もあります。

そんな時期の筋肉痛はあたりまえですし、怪我もなくはありません。しかし、精神的な辛さは、ほぼないに等しかったです。

肉体的な疲労はゆっくりお風呂につかって、よく寝ればとれますが、精神的な疲労はなかなかですよね。

ダンスインストラクターは、仕事自体が自身のストレス発散にもなる仕事。もちろん音楽やダンスが好きであることが、前提ではあります。

でも、身体を動かすことが好きなら、誰でも目指せる職業ですよ。

また、先生という立場なので、多くの生徒さんに慕ってもらえるのも、非常に大きなやりがいとなります。

毎週色々な話を報告してくれたり、会話を楽しみに来てくれている方も多かったですね。

イベントで生徒さんたちの成長を見た時の感動は、言葉では言い表せないほどですね。

何度も誰も見ていない場所で、こっそり泣きましたよ。

難しい商談や契約を交わすような仕事ではありませんが、とにかくお客様を笑顔にする仕事だと確信しています。

インストラクター自身も出社する時よりも、退社するときの方がすっきりしている、また明日も頑張ろうと思える、そんな仕事ですね。

ダンスイストラクターがもらえた年収は360万円


年収は、ボーナス込みの額面で360万円。

決して多くはありませんが、ダンスインストラクターとしては多い方でした。

実際は正社員として、ダンスインストラクターをやれている人は少なく、フリーの方が多いですね。

ボーナスはなく、年収も300万円を切ることがザラですよ。

私は独身時代はずっと実家暮らしでしたので、全く困りませんでした。しかも普通に生活し、実家に少しお金を入れても、月5万くらいは貯金できました。

逆に、男性が家族を養うには厳しい職種ではないでしょうか?

まず、共働き必須です。

土日や夜も仕事ということが多いですし、怪我をすると働けません。

年収が大きく上がることも、考えにくいですね。正直、ほとんど平行線です。

年を重ねるにつれて、レッスンがキツくなることは目に見えています。

年収が伸び悩むのは、フィットネス業界全体の悩みでもあります。自身の好きなことで楽しく働ける分、年収はあまり期待できないということです。

最終的には、私も少しそこで悩んでしまいましたね。

やはり、友人と会った時に昇給の話を耳にしてしまうと、羨ましく感じてしまうものです。

すごく稼いでいる子は精神的に限界のようで、どちらが良いのかは人それぞれです。

つまり、仕事のキツさと、給料は結局比例するのです。

体が資本のお仕事だからなかなか休めないのが辛い


ダンスインストラクターの、ダンスレッスンをするという仕事は、幸せに感じることばかりです。

そしてそれは、自身の好きなことをしているからという理由です。

正社員である以上、会社のためにしなければいけないことは、沢山あります。

レッスン後に資料作成を何時間もかけて行い、休まず、またレッスンに入ることももありました。

フィットネス施設の受付に欠員がでれば、自身のシフトは終わっていても手伝います。

こういったダンス以外の仕事のボリュームが増えてきた時、こんなはずじゃなかったと思ってしまったことが、一度だけありました。

それから、イベント前の繁忙期も頭を抱えていました。

クラスごとにイベントで踊る振り付けを教えなければ行けず、さすがにパンクしてしまうこともありました。

恥ずかしながら、生徒さんにどんな振り付けだったか、確認したこともありました。

それから、代わりがなかなかきかないのもこの仕事の特徴ですね。自分の代わりに、生徒にレッスンできる人は、なかなかいないんですよ。

体調を崩せないのは、本当に大変。

しんどくても、笑顔でごまかすことがほとんどです。どんなに楽しい仕事でも、多少の繁忙期はありますよ。それが仕事です。

それでもやはり、総合すると楽な仕事でした。もちろん、他と比べると、の話です。

ダンスインストラクターを目指している人へ一言


これから、ダンスインストラクターになる方には、本当に頑張って欲しいですね。

本当に、素晴らしく幸せな職種ですよ。

ダンスインストラクターは、大好きな音楽に囲まれて、自身を慕ってくれる生徒さんと楽しくダンスする仕事です。

しかし、正社員である以上、レッスン以外の時間も会社のために、動かなければなりません。レッスンの合間に、休憩が取れないこともあります。

レッスン以外の仕事のボリュームが、膨らむこともあります。

そんな時は、生徒さんたちのことと、自身がダンスを好きな気持ちを思い出してください。

あと、初心に帰ることを忘れないでください。お客様はあなたの表情をよく見てますよ。

レッスンに辛いことは持ち込まないように、プロとして頑張ってください。レッスンが終われば、辛いことや悩みなんて忘れてしまいます。それくらい楽しく幸せな仕事です。

お客様はレッスンはもちろん、インストラクターに会えることを楽しみに、来てくれているのですから。

いつも笑顔を忘れないで下さいね。

マジか?生徒たちと踊るだけインストラクターまとめ

職種:ダンスインストラクター

手段:転職サイト

年収:360万円

区分:精神的に楽

総合:

 年収:

 自由:

 簡単:

今回の体験談はいかがでしたでしょうか?

僕が通っているフィットネスクラブに、中高年のインストラクターが少ないのも、彼女の話で納得できました。

ダンスと音楽が好きであれば、ダンスインストラクターに挑戦してみるのもいいかもしれませんね。

若いうちの特典かもしれませんよ。

精神的に疲弊してうつ病になったら悲惨ですよ

僕が煩わしい現代社会から解放されて、心も体もリフレッシュできたわけ

 

詳細ページ公式ページ