暇すぎて楽

楽すぎてゴメンナサイ!暇でやることがない大企業の総務職は職場天国

総務というお仕事について早15年。

「総務ってどんなお仕事なんですか?暇そうでイイですね。」って陰口叩かれたりしますが、非常に業務が広く、一言で「これとこれです」って言えないところが魅力の一つ。

1か月ほど書類の整理してみたり、法律的なやり取りを専門家としてみたり、ある時は水面下で隠密行動と取ってみたりと、

飽き性の僕には、もってこいの職種と言えますね。

ストレスゼロ環境で働くと人間的に成長できる

はじめまして。総務課にて勤務している田辺です。

現在は、独身で31歳、都内で両親とともに実家暮らしです。

文系の私立大学を卒業してから、新卒で事務職をしたり、その後受付嬢やフリーターなど転々としてきましたが、3年前に今の職場に転職してからというもの、

仕事が楽すぎて毎日がとってもハッピー。もっと早く、今の職場に来ていればよかったなと感じるばかり。

今までの勤務経験の中で、ダントツ楽だったと言えますね。

その楽チンな職業名は、総務職です。

受付嬢、小さな企業の事務職とも比べ物にならないくらい、一番楽チンな業務になります。

リクルートエージェントさんにお世話になって、この会社を紹介してもらえました。

私って、ほんとラッキー。

結構名の知れている大きな企業の総務課ですが、あまりに仕事が少なく、仕事が割り振られて来ても、特に責任のある業務でもなく、ストレスフリー!

そんな楽チンな業務に長らく従事して、慣れすぎてしまった上司や同僚とともに、毎日楽しく仕事をしています。

この会社に入ってからは、仕事に行きたくないなーと思ったことは、今までないです。

いい同僚にも恵まれていることは関係していますが、仮にいい同僚・上司でなかったとしても、この仕事は辞めないです。

なぜなら、メチャメチャ楽だから!

大企業であるがゆえに担当業務が少なすぎる


この業務が体力的にも、精神的にもノンストレス。

まず体力を使う仕事はございません。

仕事が多いわけでもなく、締め切りが短いわけでもなく、自分の調子、自分の体調、自分のやる気、全て自分のペースで仕事ができます。

そんな仕事を長らく続けて来た上司たちも、もちろん悪い社員は1人もおらず。「ゆっくりさ、やりたいようにやればいいよ!」が上司たちの口癖。

総務というと、通常やることが多く、業務の内容も多すぎて、大変という話も聞きますが、私の職場は違います。

通常総務課が管轄していたりする、契約書等の社内外の書類の管理は重要なので、別部署。

大きな企業のため、法務課も別部署なので関係なし。

任されていることといえば、社内の美化、社員旅行の計画、社内の備品の手配等々。この等々の中には、同じような業務が含まれています。

社内の美化とは言え、掃除のおばちゃんたちは毎日来てくれ、会社を隅々まで綺麗にしてくれるし、社内旅行の計画は、旅行会社へ丸投げ。

その他、社内美化のためにお花を手配してみたり、社内にポスターを貼ったり、細かな備品の手配などに力を注ぐことが、我々総務課の使命なのです。

そのため、ストレスもなく、与えられたほんの少しの業務を毎日ちゃんとこなしているんですよ。

大企業の総務職がもらえた年収は350万円


年収は350万円ぐらいですね。

前の事務職よりちょっと低いくらいでしょうか?

ノルマもないので、頑張ってもボーナスが増えたり、給料が上がるわけではありません。

給料は上がらないけど、業務の一環で仲良くさせてもらっている旅行会社さんから、社割で安く海外旅行に行けたり、国内外のホテルを社割価格にしてもらったり、ちょっと給料以外のメリットはありました。

こういう役得は、旅行好きの私にはたまらないですね。

私自身シングルの女性ですし、実家暮らしで家賃もないし、現状の暮らしがもうちょっと続くとしたら、文句なしの給料でした。

もし今後、結婚するとしても、今の給料は低すぎるとは言えないレベルの給料なので、今のままで十分かな。

楽に仕事させてもらっている以上、特に給料あげて欲しいみたいな欲求も、今のところ特にはありません。

仮に結婚して、子どもができても、今の仕事内容ならパートタイムでもできるし、残業もないので、細く長く続けていけるいい仕事です。

でも仮に、今後も長らく結婚できないとしたら、今の仕事は楽チンだし、ストレスフリーで好きだけど、もっと給料が上がる業務にしないとダメかなって思っています。

給料もそこそこもらえて、毎日遊びみたいな仕事だから、人間ダメになっちゃいそうです。

このまま順調に結婚して、年をとっていくことを考えたら、今のままでの十分、納得いく給料です。

どちらかというと総務はショムニみたいな世界


大きな会社なので、もっと華やかなイメージを勝手に持っていました。

今の職場で勤務することが決まった時に、都心で名の知れた大きな企業だったので、綺麗なスーツを着て出勤したり、ランチは丸の内の界隈で人気のカフェで休憩!みたいな。

よく雑誌で特集されるみたいな、オフィスレディを期待していました。

実際に勤務してみたら、全くそんなんじゃなかったですね。

まず業務が業務だけに、だんだんファッションも楽チンファッションになっていきました。綺麗なスーツにヒールを履いてカッコよく歩く!みたいなのは夢で終わりました。

ランチは、社食も近隣のレストランやカフェも混んでいるから、弁当持参。

あとは、仕事がないときは暇すぎるので、チョコレートやらアメやら何かつまんだりととっても不健康。

総務って、最初に頂き物のお菓子類が回って来るから、3キロも太っちゃったじゃないですか。

これも、おいしい役得ですけどね。

楽すぎて本当にいい仕事だけど、あまりにも暇すぎるのは、体に良くないなーって感じています。

もう少し業務があってもいいけど、名ばかり総務で実際に仕事内容は少ないので、このままの生活が続いていくようです。

あとは、特に営業みたいに外部と接触がないのも、緊張感がない感じです。

ストレスもないけど、ある程度、緊張感を持って業務ができる方がいいんだろうなと感じています。

最初から楽すぎる総務職は新卒にはお勧めできない


私の勤務先のように、とっても楽チンな総務課は珍しいかも知れませんが、ただただストレスがなく、楽をしたい!キャリアもいらない!という方には、断然オススメの仕事。

でも、新卒の方や、初めて正社員として働くという方には、もう少し別の業務を見てから、総務課に転職する方がいいですね。

なぜなら楽すぎるから。

あまりに簡単で楽な仕事を最初にしてしまうと、今後万が一、転職したり、業務が変わった時について行けなくなります。

そんなことにならないために、はじめは難しくて、ある程度責任のある仕事についてみましょう。

働くことってやはりストレスなので、そのストレスにある程度耐えられるようになることも重要よ。

その後、十分がんばったから、もっと簡単で、ストレスフリーな仕事をしようと思った時に、私が勤務しているような総務課に転職することがオススメです。

楽な仕事を楽だと感じられるのは、その前に大変な仕事を経験してきているから!

最初から楽をしようというのは、少し考えが甘いように思います。

暇でやることがない大企業の総務職は職場天国まとめ

職種:総務職

手段:転職エージェント

年収:350万円

区分:心身共に楽

総合:

 年収:

 自由:

 簡単:

今回の体験談はいかがでしたでしょうか?

私がいる中小零細の世界とは違い、大企業の総務職は、業務の幅が相当狭いようですね。

僕なら、息苦しくてしんどいかも。

また、一生楽して過ごしたいと考えているダメ社員が集まってしまうのも、総務課としての運命のようですね。

まぁ、人生諦めている人たちは人間的にギスギスしていなから、メチャメチャ付き合いやすいんですけどね。

精神的に疲弊してうつ病になったら悲惨ですよ

僕が煩わしい現代社会から解放されて、心も体もリフレッシュできたわけ

 

詳細ページ公式ページ