楽な仕事への転職戦略

転職のやりかたを徹底解説!ゼロから始める活動チェックリストを公開

楽な仕事に転職しようと考えた際に、転職の目的をしっかり考えたことがありますか?

現状に不満を抱き、既に転職へと動き出している方がほとんどですが、「あなたはなぜ楽な仕事に転職するか?」という問いかけに、答えられる転職者は極わずか。

転職は、決して簡単なものではありません。

多くの転職者は困難にぶつかった時「こんなことなら転職するんじゃなかった」と後悔しますが、転職の目的を明確にしておくだけで、モチベーションの持ちようが違ってきます。

転職チェックリスト本来の役割はモレを防ぐ計画表

転職活動は始めた翌週に内定が出たり、コネで内定をもらえたり様々なドラマが生まれるため「必ずこうするべき」とか「必ずやらなければならないこと」が決まっているわけではありません。

それゆえにヌケヤモレが発生し、活動自体に偏りが生じます。

また転職経験のあるかたならお判りでしょうが、転職は思った以上に工数が多く時間もかかります。

仕事をしながらの転職活動は、使える時間が限られているため過酷ですが、一方の離職者は、使える時間は十分にあるものの、期間的に有限ですから精神的に過酷ですよね?

失業給付金は勤続年数によって貰える額が異なり、支給期間も多くて1年。

刻一刻と迫る支給期限に絶望しながらの、転職活動は過酷を極めます。

私も40代でリストラされて転職活動をしたので、その辛さは痛いほど分かりますが悔やんでいても内定はもらえません。

時間はあっても何をやって良いのか分かっていないと時間だけが過ぎていきますから、転職チェックリストを活用して漏れのないよう活動すべき。

場合によっては、後の祭り状態に陥っている状況もありえますから、転職活動チェックリストは最悪の場合を回避するための、計画表と考えるのが最も妥当です。

「こんなハズじゃなかった」と慌てふためく前に、転職活動チェックリストを活用しつつ、淡々と求人情報を開拓して、応募を繰り返し勝利を掴みましょう。

転職チェックリストをフル活用して効率的に活動しよう

01:転職準備編

この時期は、いわば準備段階で転職前の計画や情報収集など、様々な準備が不可欠。

転職を始める前に、転職活動を始めてから内定に至るまでの流れを把握する必要があります。

出たとこ勝負でも構いませんが、まずは転職活動ごとのプロセスを確認し、実際に活動を始めるのが安全です。

転職を決意してさぁ活動開始と考えても、「いい求人があれば応募する」いわゆる受け身での転職活動は時間を要しますし、モチベーションを保てません。

多くの転職者が3か月で転職を完了するのは、心理学的に見て人間がモチベーションを保てるのはせいぜい3か月間だからです。

在職中の方には関係ありませんが、失業中の方は収入が途絶える恐怖と闘いながらの転職活動になります。

少なくとも転職には2、3か月かかりますから、情報収集にかかる時間や応募、面接、内定に至るまでち密に計画しておくべき。

まだまだ時間は十分あると考えていると、私のように1年経ってようやく転職完了となってしまいますよ。

ふと思い浮かんだ不安や疑問、「そもそも自分の転職スタイルは正しいのか?」「他の皆さんはどれぐらい活動しているのか?」など、真剣になればなるほど疑問点は出てくるものです。

ですから、転職サイトに登録して転職成功者の生の声を聞いたり、キャリアコンサルタントに相談に乗ってもらい不安を少しでも解消するのが、精神衛生上望ましいですよね。

STEP01:計画を立てる
     転職の目的を明確にする
     転職活動の流れを確認する
     転職に関する疑問点を解消する
     スケージュールを立てる
STEP02:目指すべき方向性を決める
     キャリアの棚卸をする
     こだわりを取捨選択する
     強みを考え適職を見極める
STEP03:情報収集を行う
     応募する方向性を決める
     転職市場を調べる
     業界・企業研究をする
     情報チャンネルを確保する

02:書類作成編

この時期は、転職に必要な書類を準備する段階です。

メインとなる履歴書と職務履歴書だけでなく、一撃必殺の自己PR文の作成手順を紹介。

用意しておけば便利な履歴書用の写真や、他のライバルとの差別化を図るための手法を併せて紹介する。

意外に見落としがちなのが、学校の卒業、入社・退職の時期が曖昧な方が多いこと。特に40代50代ともなれば、あいまいな記憶頼りになるため、うっかり計算ミスを起こしてしまいます。

せっかく書類選考を通過できても、面接でツッコまれて焦ってお見送りパターンも少なからず起こっていますから、履歴書や職務履歴書に記入する際は、慎重すぎるほど注意してください。

また、分からないだろうと別の応募企業から返却された履歴書類を使いまわす行為だけは、絶対にやめてくださいね。

ちょっとのことをケチったがため、明るい将来が遠のく可能性も無きにしも非ずです。特に中高年は、人間性そのものを疑われてしまいますから、肝に銘じてくださいね。

STEP01:履歴書を作成する
     写真を撮影する
     入退社の正確な年号を確認する
     履歴書を作成する
STEP02:職務履歴書を作る
     職歴を整理する
     職務履歴書の形式を決める
STEP03:自己PR文を作る
     自分のクライマックスを思い出す
     ストーリーテリング手法を会得する
STEP04:応募書類を提出する
     誤字脱字の最終チェック
     送付状の作成
     宛名を封筒に記入する

03:面接対策編

この時期は、書類選考に通過して面接対策を準備する段階に突入します。

面接で一番大切なポイントは、退職理由でも志望動機でも強みや弱みでもありません。

昔からよく言われていることですが、それは第一印象です。

こういうことを言うと語弊がありますが、ぶっちゃけ見た目が面接官の好きなタイプか嫌いなタイプかで決まってしまいます。

人間見た目じゃないなんて言いますが、人間は見た目が重要です。人の第一印象の50%は外見で決まると言いますから、身だしなみは大切です。

転職面接においては、清潔感がある服装と髪型で挑めば最低ラインはクリアですが、それに加えて姿勢やしぐさ、声のトーンまでチェックされますから、面接ではどうしても異常な緊張状態に陥りますよね?

こんな究極の緊張状態では、転職攻略本に書いてある転職理由や志望動機は一瞬にして真っ白になりますから、ストーリーテリングの手法を使って転職者を演じ切るべき。

面接官もあの手この手で、転職者の心を揺さぶって態度を見てきますから、何度もシュミユレーションして、場数を踏みましょう。

最後に、逆質問は必ず用意しておいてくださいね。

「何か質問は?」の質問意図は、あなたから私達へのラブレターです。

ここで「何もありません」と答えられると、場がシラケるどころか転職意欲を疑ってしまいますからね。

STEP01:面接での常識やマナーを知る
     身だしなみをチェックする
     直掩で怖気づいた時の対処法
STEP02:転職理由等を考える
     転職理由を考える 
     強みを考える
     志望動機を考える
     ストーリーテリング手法を活用する
STEP03:面接のシュミュレーションを行う
     面接の流れを知る
     表情やしぐさは特に注意する
     PRポイントを再確認する
     逆質問を考えておく

04:入退職手順編

この時期は、面接を通過して内定を獲得した段階に突入しています。

退職を申し出るタイミングは非常に難しく、最もパワーを消費することになります。私も何度も退職していますが、これだけは未だ苦手ですね。

法律的には、退職希望日の2週間前に申し出ればいいことになっていますが、パートやアルバイトならいざ知らず、現実的には業務上の支障が発生しますから絶対に避けるべきです。

ですから、少なくとも1か月前までに直属の上司に相談するのが得策ですね。

またこの段階で引き留め工作や、退職させない工作が行われますから、独りで退職を申し出るのが怖い方は、EXITなどの退職代行をお願いするとスムースです。

料金はピンキリですが、2万円から5万円が相場となっています。

退職願は、100%こちらの希望に添えない場合が多いですから、上司と相談したうえで退職日を決定しましょう。

間違っても、喧嘩別れに終わるのだけは避けましょう。今後も、各種保険の手続きなどで、前職にはお世話になる事態が発生しますから。

STEP01:年収交渉を行う
STEP02:円満退職に向けて準備する
      内定通知書の内容を確認する
      退職の意思表示をする
      退職日と入社日を調整する
      退職願を提出する
      お世話になった方々への挨拶
STEP03:各種手続きを済ます
        貸与されたものを返却する
     雇用保険や失業給付金を知る
     年金と各種税金を知る
     健康保険の手続きをする

楽な仕事に就くため全力で臨んだ管理人からアドバイス

楽して割のいい仕事に就きたいけど、「転職活動ってなんだか面倒くさいなぁ」と考えている人は転職エージェントに丸投げして、いろいろお世話にしてもらうのがいんじゃないですか?

キャリアコンサルタントは転職のプロですから、待っているだけであなたの希望条件通りに求人や業界の動向、転職市場の傾向まで教えてくれる。

おまけに、あなたの経歴のいいとこを猛アピールして紹介状まで書いてくれる。最高じゃないですか?あなた専用のコンシェルジュになってくれるんですから。

転職エージェントは登録するのもサービスを受けるのも全て無料。

転職エージェントに登録したら「一度お越しください」と連絡が入るから、ハードルが高いと感じる方が圧倒的だし、拒否反応を示す方も多い。

どちらかというと、転職サイトは自分からガンガン応募していく必要があるけど、受け身で全部お任せしたい人はやはりキャリアコンサルタントに丸投げしてしまうのが手っ取り早い。

当サイトでお勧めなのは、やはりリクルートエージェント

リクルートエージェントは国内シェアNo1企業ですし、転職に関するノウハウも豊富。なにより私がリクルートエージェントをおススメする理由は、キャリアコンサルタントの質が高いこと。

他の大手転職エージェントもそれぞれ独自のノウハウを持っていますが、如何せんキャリアコンサルタントの質が高くない。

強引なキャリアコンサルタントに、望んでもいない求人を紹介されて、入社させられそうになるなんて嫌じゃないですか?

だったら、ここはジェントルマン揃いのリクルートエージェントにお任せしちゃいませんか?

業界最大級10万件以上の非公開求人を常時保有
実績豊富なキャリアコンサルタント
充実したサポート

参加者の80%以上が満足している面接力向上セミナーは、登録者だけが無料で何度でも参加できるセミナーです。

私も2回受講しちゃいましたよ。

同じ苦労を重ねた私だからリクルートエージェントR229373H 転職のやりかたを徹底解説!ゼロから始める活動チェックリストを公開をおススメします

転職のやりかたを解説ゼロから始める活動計画表まとめ

最後に要点を纏めておきますので、参考にしてください。

ここにテキストを入力

リストラされて完全に負け組だった中年男がブログで人生逆転した方法
CTA1000×500(2 リストラされて完全に負け組だった中年男がブログで人生逆転した方法