楽な仕事への転職戦略

楽な仕事の内定が欲しいなら絶対に転職エージェントを攻略する理由

転職に企業研究は必要なんですか?と聞かれることがあります。

転職者の多くが、ホームページやパンフレットで売上高を調べたり、企業理念を暗唱したりするのを苦手としています。企業サイトや転職会議以外で手に入るソースも少ないし、正直めんどう。

でも、楽な仕事に就きたいのであれば、入念な企業研究が絶対に必要なの知ってましたか?

面倒なら任せちゃえばイイんです。誰にって?もちろん、企業研究は転職エージェントに丸投げしてしまえばイイんですよ。

楽な仕事に内定するための転職エージェントの役割は?

cfa5b098c59f6edcda999918ba9ffa39_m_R 楽な仕事の内定が欲しいなら絶対に転職エージェントを攻略する理由

新元号まであと僅かとなった今日において、ライフスタイルは驚くほど多様化し、それに合わせるように転職も目まぐるしいスピードで進化し続けています。

いざ転職を始めても、「自分はどんな職種に適しているのか分からない」「どんなキャリアプランを描いたら良いのか分からない」と様々な悩みを抱えてしまう転職者が多いのではないでしょうか?

転職エージェントは、そういった個々の悩みに寄り添ってサポートしてくれる、いわば転職サービスのひとつです。

転職者が抱える様々な悩みを解決してくれ、転職者が望む最適な転職を手伝ってくれる、そして転職者がもっとも欲しい楽な仕事を大量に保有しているのが、転職エージェントです。

リクナビNEXT、マイナビ転職に代表される転職サイトに次いで、求人情報を大量に保有しているのが転職エージェント。条件の良いハイレベルな非公開の求人情報を持っている点では、転職サイトより優れています。

転職エージェントは、転職サイトと同じく、求人企業の求人業務と応募者のフィルタリング代行している場合がほとんど。

しかも応募条件に合わない場合、先方の採用担当者に転職者の情報が行くことはなく、転職エージェントが揃える駒のひとりとして扱われるだけです。

ただ、転職活動を行う中で、転職サイトに様々なビジネスモデルがあるのと同じように、転職エージェントにもそれぞれビジネスモデルがあることに気付きましたよ。

もっと言えば、転職サイトが不利な条件を持つ転職者を機械的にフィルタリングするのに対し、転職エージェントは不利な条件を抱えている転職者でも登録してくれることに気付きました。

理由は簡単です、可能な限りの駒を用意しておきたいと考える企業担当者が多いからです。

楽な仕事に内定したいなら転職エージェントに登録する

cfa5b098c59f6edcda999918ba9ffa39_m_R 楽な仕事の内定が欲しいなら絶対に転職エージェントを攻略する理由

転職サイトは便利で情報収集をするには役に立ちますが、転職相談をするには向いていません。しかも、応募しても条件が少しでもはみ出ていれば、機械的に不採用枠に振り分けられてしまいます。

それじゃタマったもんじゃありませんよね?

一方、転職エージェントの企業担当者は血の通った人間で、しかも採用を依頼された企業から求人案件が舞い込むと、企業担当者は多くの登録者リストから候補者を探していきます。

採用依頼企業の人間はワガママです。

転職サイトに掲載する費用が20万円程なのに対し、転職エージェントに支払う対価は年収の30%が相場です。年収500万円の転職者であれば、150万円が成功報酬として支払われます。

多くが私のような採用担当者ですが、大金をはたいて採用するのであれば、少しでも条件の良い転職者をと考えます。

少しでも条件の良いとは、少しでも高学歴で、少しでも転職歴が少なく、少しでも管理職に就いたことのある人物と捉われがちです。

ただし、これはあくまでも一般論です。

ここが転職エージェントの面白い所以なのですが、システム運用経験のある総務職だとか、営業経験のある人事職、異業種の40代接遇職なんてスペックが求められることがある。

そういう採用側のワガママな依頼に対応すべく、転職エージェントの企業担当者は様々なスペックの転職者を揃えておきたいと考えます。

ですから、恐れず登録してみてください。

「自分のキャリアで登録できる転職エージェントはない」と考える転職者が多く、日々勿体ないと思いますが、キャリアコンサルタントと良い関係を結ぶことができれば、楽な仕事にありつける可能性はグッと上がります。

転職エージェントが相手にしてくれるのは35歳までと噂が飛び交っていますが、私自身転職回数が5回以上ありながらも40代で登録できましたし、場合によっては50代でも登録できます。

同じ苦労をした私だからこそリクルートエージェントをお勧めします

転職エージェントのメリットは無料の転職者サポート

cfa5b098c59f6edcda999918ba9ffa39_m_R 楽な仕事の内定が欲しいなら絶対に転職エージェントを攻略する理由

転職エージェントは採用が確定した時点で、採用企業から紹介料を徴収する仕組みなので、転職者に対しては、無料で以下のようなサービスを提供してくれます。

転職者の相談に乗ってくれる

転職サイトと違い面談が必要ですが、担当のキャリアコンサルタントが、どのような転職にしたいのか?どんな業界や職種を希望しているのか?あなたの経歴を参考にしつつ、アドバイスしてくれます。

また、「今転職すべきなのか?」「自分の経歴で転職できるのか?」なんて疑問にも答えてくれるので、安心できますよね。

精神的に不安定だと、転職そのものがプレッシャーで思うように進めることができません。

ですから担当コンサルとは、良好な関係を築いておくことを強くお勧めしています。

多少、求められているスペックと違っても、人柄次第で推薦状を発行してくれたり、協力な後ろ盾になり得ます。

転職者に非公開求人を提供してくれる

転職エージェントは、採用企業から一般的には公開されていない求人と呼ばれる求人を多数預かっています。いわゆる非公開求人と呼ばれる求人です。

非公開求人の意味するところは、ハローワークや転職サイトに掲載してしまうと、応募が殺到してパニックになってしまうため、非公開にせざるを得ない事情があります。

それらの非公開求人は、転職エージェントに登録しなければ紹介してもらえませんから、転職サイトに比べて応募倍率が低いのも魅力的と言えますね。

履歴書類の添削等を行ってくれる

転職エージェントは、採用企業がどんな人物を求めているのかよく知っています。

ですから、どんなアピールの仕方をすれば印象が良いのか、また履歴書類をどのようにブラシアップしたら良いのか添削してくれます。

もちろん模擬面接も随時行ってくれますので、遠慮せず不安点はどんどん解消していく癖をつけましょう。

様々な交渉を代行してくれる

日本人って交渉ごとが苦手なんですが、内定を勝ち取った際、キャリアコンサルタントが年収アップの交渉を代行してくれます。

これは、自分自身の手を汚さず年収アップできますから、正直便利です。

月5万円位までなら普通に上がります。年収にしたら60万円あがる計算ですから、これは大きいですよ?

転職サイトとエージェントとの違いはサポートの有無

cfa5b098c59f6edcda999918ba9ffa39_m_R 楽な仕事の内定が欲しいなら絶対に転職エージェントを攻略する理由

転職サイトと転職エージェント、どちらで楽な仕事にアプローチすべきか迷っている転職者が実に多いですね。

斎藤式にいうと、転職サイトで広く浅く情報収集して、転職エージェントで深くマニアックに情報収集を行うのが定石です。

そもそも両者にどんな違いがあるのか分からい人のために、少しおさらいをしておきましょう。

面倒かどうかで比較すると、転職サイトが勝っています。

転職エージェントに登録する場合、「一度面談にお越しください」と連絡が入ります。これは、直接会って人と柄と、WEB上に登録された履歴情報には現れない、転職意欲や後ろ向きな退職理由を確認したいからなんです。

サポート面で比較すると、断然転職エージェントが勝っていますね。

転職相談、非公開求人の紹介、履歴書類の添削、強力な紹介状の作成、内定獲得後の年収交渉等、数えきれないぐらいのサービスを受けることが出来ます。

求人数で比較した場合、公開求人と非公開求人で属性そのものが違い比較の対象としてよいのか迷うところですが、非公開求人の方が諸条件や福利厚生が良く、楽な仕事が混じっている確率も高いです。

手間がかかるか否かで比較した場合、これも断然転職エージェントが勝っています。転職サイトでは相談相手がおらず、履歴書類のブラシアップは基本自力です。

一番怖いのが、履歴書類が流行りのスタイルになっているのか否か、それすら分からないことにあります。転職エージェントであれば、キャリアコンサルタントが逐一アドバイスしてくれます。

結論まとめておきますが、転職サイトはマイペースでかつ、自力でなんとか転職活動をしたい人向け、転職エージェントは他人任せにして、転職活動したい人向けです。

ポイント転職サイト転職エージェント
面倒な点登録後の面談はない
求人の検索も好きな時に好きなだけ、マイペースで行える
登録後、必ず面談が必要
サポート全て自力担当コンサルタント
求人数公開求人中心に多数非公開求人中心に多数
楽な仕事多数あり
手間全て自力登録時の面談はあるものの、求人を提供してくれ、応募書類のブラシアップを行ってくれる
結論マイペースでかつ、自力で転職活動したい人向け他人任せにして、転職活動したい人向け

同じ苦労をした私だからこそリクルートエージェントをお勧めします

楽な仕事に必要な転職エージェントの利点は企業情報

cfa5b098c59f6edcda999918ba9ffa39_m_R 楽な仕事の内定が欲しいなら絶対に転職エージェントを攻略する理由

私は、楽な仕事に就くための絶対条件として、転職先企業の企業研究が必須と考えています。

企業研究は、企業のホームページや業界誌から行うことができますが、表面的な情報しか入手できないため、苦手とする転職者は多いのではないでしょうか?

私自身、企業研究は未だに苦手です。

転職会議から内部事情を伺い知ることが可能ですが、如何せんポジティブな情報ではなく、どちらかと言えば退職者のネガティブな情報が集められており、企業に対する興味が薄れてしまいます。

もちろん、火のない所に煙は立たぬと言われるとおり、根拠がなければ噂は立ちません。

過去にリストラがあった事実や、どちらかと言えば体育会系のノリなんて情報は大いに参考にしてもよいでしょう。

しかし、私達が知りたいのは、第三者的な公平な意見です。客観的な内部情報が分かれば、楽な職場か否かを事前に判断できると思いませんか?

転職エージェントの企業担当営業の多くが、企業に直接訪問して新たな採用枠がないか担当者とコミュニケーションをはかります。

あまたの転職エージェントが乱立する中で、少しでも自社の印象を良くし突発的な採用に対応するための営業活動なのですが、その中で、企業の文化や風土、事業戦略まで把握していきます。

更に言ってしまえば、担当者の力量にもよりますが、採用担当者の年齢、人柄、趣味、面接時の質問の傾向、部署内の雰囲気までも把握。

これは言わば、他では得られない企業の客観的な内部情報を、タイムリーに知ることができるのと同じです。

客観的な内部情報を得て、しかもキャリアコンサルタントに猛烈に推薦してもらえれば、楽な職場に転職できる確率はグッと上がります。

楽な仕事に内定するための転職エージェント利用流れ

cfa5b098c59f6edcda999918ba9ffa39_m_R 楽な仕事の内定が欲しいなら絶対に転職エージェントを攻略する理由

楽な仕事に楽して就くには、転職エージェントに登録することから始めて、最終的に内定を勝ち取り、晴れて入社までサポートしてもらうことです。

転職エージェントはどこも基本的に同じですから、WEBを使った一般的な流れを紹介しておきます。

1.登録

転職エージェントに登録する場合、まずはWEB上から簡単な学歴、職歴、希望業界や職種などのプロフィール登録を行う必要があります。

繰り返しになりますが、転職エージェントでは登録内容を機械的に読み取るのではなく、目視でプロフィール情報を確認しています。ここで適当に入力してしまうと、いたずらと勘違いされ、お見送りフラグを立てられます。

ですから、楽な仕事に楽して就くためにも、ここは心を込めて入力していきましょう。

基本的に登録後、1週間以内にあなたの担当になるキャリアコンサルタントから、「一度面談にお越しください」とのメールが来るはずです。

登録できたようなので、まずは一安心ですがまだまだ油断は禁物です。

2.面談

登録後、必ず一度はキャリアコンサルタントとの面談に赴く必要があります。

大手の転職エージェントは、東京都心部と各都道府県の主要都市にあります。ちなみに関西だと梅田周辺に固まっています。

面談の内容は、WEB上に登録された職歴のヒヤリングと今後のスケジュールについて、約1時間から1時間半ほど行われます。

ここで気を付けなければならないのは、まだキャリアコンサルタントに気を許してはならないことです。

大手のキャリアコンサルタントになるほど物腰が柔らかく、「正直に何でも話してください」って魔法の言葉を投げかけてきます。

既に転職活動に疲れていたり、精神的に病んでいる転職者はひっかかるんですが、たとえ二人三脚で転職活動を進めてくれるキャリアコンサルであろうとも、心を許してはいけません。

特に、前職で精神的に疲れちゃったとか、人間関係で辞めたってネガティブな本音を話してしまうと、「この転職者は次も精神的に参って辞めてしまう」烙印を押されます。

カミングアウトするのは、内定を勝ち取ってからでも遅くありません。それまで我慢我慢です。

3.非公開求人の紹介

面談時、それなりに市場価値ありと判断されると、非公開求人を2、3件紹介してもらえます。求人内容を確認して興味があるなら、その旨を担当コンサルに伝えましょう。

もう少し求人をみたいなら、その場でねだるべきです。でも間違って「楽な仕事を紹介してください」なんて言うのはダメですよ。

どこに楽な仕事を紹介する転職エージェントがありますか?あなたは笑っているでしょうが、実際にあった話です。

楽な仕事に就くため、転職エージェントを使う上で最も重要なのが非公開求人の紹介を受ける瞬間です。

転職エージェントの力量が最も発揮される瞬間で、我々転職者は、可能な限り多くの企業情報をキャッチする必要があります。

例を挙げると、企業風土や社風、体育会系なのか文化系なのか、プロパー社員が多いのか、中途採用が多いのか。

過去にその企業に応募した転職者の基本スペック、面接時に聞かれた想定質問、採用担当者が好む質問、挙げればきりがありませんが、面談時に聞きそびれたのなら、後日に改めて聞くと良いでしょう。

基本的に、色々聞けば「意欲のある転職者」と取られるので質問はガンガン行うべき。間違っても、「楽な」「割のイイ」「給料のいい」ってワードは厳禁です。

4.応募

紹介してもらった非公開求人に応募が決まれば、早速キャリアコンサルタントにお願いして推薦してもらいましょう。

その際、ガッツリ履歴書類の添削をされますから、めげずに赤ペンか所を訂正していきましょう。

ここで気を付けなければならないのは、キャリアコンサルタントによって言うことが違うこと。担当Aが白だと言っても、担当Bは黒に修正しろと言ってくることが頻繁に起こります。

特に履歴書なんて、法律的にどう書くか決まってるわけではなく、それぞれのキャリアコンサルタントが流行りの手法を指示しているにすぎません。

ですから、嫌なをせず添削には100%応じてください。

「担当Aはこう言った」なんて反抗的な態度を取る転職者が少なからずいらっしゃいますが、そういう態度を取る人に求人を紹介したいと思いますか?

5.面接

応募後、2、3週間して面接の通知が来れば書類選考にパスした証です。キャリアコンサルタントに水面下で頑張ってくれたであろう感謝の意を表し、少しは喜びましょう。

通知後すぐに面接が行われる場合が多く、大手転職エージェントであれば模擬面接を行ってくれます。

模擬面接は可能な限り多く受けてください。少しでも場の雰囲気に慣れておかないと、当日本領を発揮できなかったなんて、シャレにもならない事態が発生します。

私は極度に緊張するタイプですから、しつこいぐらい模擬面接してもらいまいた。快く受けてくれたキャリアコンサルタントには今でも感謝していますよ。

ここまで来たら、企業研究の成果を存分に発揮しましょう。

人間知れば知るほど親しみが湧く生き物ですから、他の転職者とは一線を画した形になるはずです。

6.内定・入社

転職エージェントが保有する非公開求人の多くが、2次面接、3次面接と続きます。

私の場合、最長で4次面接+SPI。担当者・部長レベル・社長・役員でした。

幾多の激戦区をくぐり抜けて内定となるわけですが、キャリコンサルタントにはまだまだ働いてもらわなければなりません。

年収の調整です。

日本人は交渉が苦手で、特に金銭が絡んだ交渉は苦手ですよね?

年収アップの交渉を行えば、入社時に不相応な実力と嫌味を言われるんじゃないか、最悪の場合内定が取り消されるって不安に陥るんです。だから余計に言いにくい。

しかし、ここで妥協してしまうと、楽な仕事を手に入れたとしても、真の楽な仕事でなくなります。少しお願いしたら月5万円上がっていたのにと、一生後悔することになります。

私は関西人ですから、ガンガン交渉をお願いしましたけどね。

楽な仕事に内定したいなら転職エージェント攻略する理由

長文になってしまいましたが、要点を纏めておきますので参考にしてください。

  • 多様化したライフスタイルに合わせて個々の悩みに乗ってくれる
  • 転職サイトと違いエージェントの社員があなたの経歴を見てスカウト
  • 様々な相談に乗ってくれるが履歴書の添削サービスは全て無料
  • 転職エージェントを使う最大の利点は転職先の内部情報
  • 転職サイトは全て自力のマイペースさんにオススメ
  • 転職エージェントは他人に丸投げしたい面倒くさがりさんにオススメ

同じ苦労をした私だからこそリクルートエージェントをお勧めします

リストラされて完全に負け組だった中年男がブログで人生逆転した方法
CTA1000×500(2 リストラされて完全に負け組だった中年男がブログで人生逆転した方法