心身共に楽な仕事

子供と遊ぶだけで年収280万円?児童館の職員が楽で人気な訳

保育士や幼稚園教諭になりたいけど、薄給で激務だから気が引けるという人は多いのではないでしょうか?

一般人の視点で見てても、保育士や幼稚園教諭は激務だし、責任重大な職業で精神的にダメになっちゃう人が多そうだなぁと想像してしまいます。

そういう人にオススメなのが、児童館職員です。

児童館職員は見た目以上に楽な仕事


初めまして。現在はライターとして活動していますリンと申します。

24歳女子。

私は過去に数回、転職をしたのですが、その中で一番楽だった職業名は児童館職員です。

児童館とは、市や民間企業が運営している施設で、0歳から18歳まで利用できます。

0~6歳までの子どもは保護者同伴が義務づけられています。

児童館には、運動できる体育館のような部屋や、ボードゲームやカードゲームがある遊び部屋、子ども向けの本がある読書スペースがあり、受付を済ませた子どもは施設内で好きなように遊ぶことができます。

児童館職員の業務はまず、受付です。来館した子どもに受付の用紙に名前と学年、学校名を書いてもらいます。

これは子ども自身に書いてもらい、それを見守るだけの業務のためとても楽でした。

時々、面倒くさがって受付をしない子どもがいますが、個別で声をかけて必ず書いてもうよう促しました。

受付用紙を見て、来館人数の報告をしたり、日誌に人数を記入したりするからです。

また、受付業務は交代制なので、飽きる前に他の職員と交代できたので、それも楽でした。

幼稚園や保育園に比べ運動量が限りなくゼロ


この仕事は精神的にも、肉体的にも楽でした。

受付業務のほかには、各部屋の見回りや、児童館便りの作成、未就学児と保護者向けのイベントの企画運営、クリスマス会や遠足などの面倒な行事の準備などがあり大変です。

しかし、アルバイトの人やパートの人がいたため、細かい作業や製作を任せることができました。

そのため自分の仕事の負担が少なく、精神的にも楽でした。

また、職員同士みんな仲が良く、助け合いながら仕事をしていたので仕事をスムーズに進めることができたのも大きなポイントですね。

やはり職場の人間関係が良いことは、仕事をする上で大きな強みだと思います。

また、この仕事では、日中は体を動かすことが少なく、肉体的な負担は一切ありませんでした。

各部屋の見回り以外は、ほぼデスクワークなので体を動かしません。

時々、子どもと一緒にドッチボールやベースボールをしたりすることはありますが、短時間なので疲れません。

赤ちゃん向け体操はありますが、それも週にたった1度だけ。

保育園や幼稚園と比べると運動量が少なく、楽なのが児童館の良いところだと思います。私は運動が苦手で、体力もなかったので非常に助かりました。

それでも強引にスポーツに誘ってくる子どもはいましたが、そんな時は運動が得意な男性職員にお任せしていました。

楽な児童館の職員がもらえる年収は260万円


年収はボーナス込みで260万円でした。

同じ業種の保育士や幼稚園教諭、学童指導員と比べるとかなり低めの年収となりますね。

仕事が楽な分、給料が低めなのは仕方ないことです。

ボーナスは夏は4万円ほど、冬は12万円ほどで、お小遣い程度のもの。

しかし当時私は実家暮らしをしていたので、金銭面での不満は特にありませんでした。

実家に毎月3万円入れていましたが、一人暮らしをしている人と比べると生活面での出費量は低く、その分趣味や友達との遊びにあてることができました。

化粧品や服を買ったり、友達と食事に行ったり、趣味の映画鑑賞をしたり、好きなことにお金を使っていましたが、貯金もしていました。

決して大きな額ではありませんが、それでも貯金をする余裕はあったということです。

しかしそれは、実家だからこそできることで、もし一人暮らしだったらできなかったかもしれません。

実際、職場の女性職員のほとんどは実家暮らしでした。

ちなみに独り暮らしをしている女性職員は、家賃や生活費でお金がなくなり、遊ぶお金があまりないと言っていました。

楽な仕事ですが、今後独り暮らしを考えている人は難しいかもしれません。当然、家族を養っていくことも難しいでしょう。

男性職員はいましたが、独身の人が多く、結婚しているのは館長だけでした。

館長クラスになれば、給料もだいぶ変わってくるので、家族を養うこともできるんじゃないでしょうか。

家族を養わなければならない人は、館長クラスを目指すのを強くお勧めします。

意外に大変なのはイベント企画や運営


入社当初は、イベントの企画や運営が大変でした。

先輩が担当したイベントで内容や進行を参考にしながら進めていくのですが、はじめは思うようにいきませんでした。

未就学児と保護者向けのイベントでは、体操をしたり、踊ったり、製作をしたり、紙芝居を読んだりします。

その時間配分やコーナーごとの職員の配置を決めるのが難しく、企画書を先輩に提出しては返され、何度もやり直しをしました。

また、体操やダンスは何曲もあるため、運動神経がない私はなかなか覚えられず苦労しました。

そんな私でしたが、何個もイベントを担当するうちに慣れてきて、企画書も一発で通るようになりました。

イベントも周りの職員に助けられながらも最後までやり抜くことが出き、徐々に達成感を感じるようになったのを覚えています。

イベントの企画や運営以外にも、大変なことはありました。

中学生、高校生の対応です。

私が勤務していた児童館には多くの中高生の利用者がいました。その中には、不登校の子どもや、不良と言われるような問題を抱えた子どももいました。

私は内心怖がっていたのですが、それが表に出ないように心掛けました。

また、そのような子どもたちが児童館内のルールを破った際は威厳をもって注意をするようにも心掛けました。

一度許してしまうと、今後も同じことが起きてしまいますからね。

叱るときはビシッと叱り、他の時は親し気な雰囲気で話す、これが入社当時は難しかったです。

しかし、子どもと接していくうちに慣れていきました。

児童館職員を目指している人へアドバイス


児童館職員は、適度な距離をもって子どもと関わることができる、素敵な仕事です。

自分が担当したイベントで子どもの笑顔が見れたときは、嬉しい気分になりますし、達成感もありました。

私の場合は職場の環境に恵まれていたので、日々のストレスはさほどありませんでした。

また、運動量も少ないので、運動嫌いな私にとっては、ありがたい環境でした。

給料はお世辞にも多いとは言えませんが、やりがいのある楽しい仕事でした。

子どもを相手にする職業なので、保護者や学校地域とのつながりがあります。

その連携が難しいと感じることもあるでしょうが、誠心誠意子どもと向き合っていけば、学校や保護者からも信頼されます。

この職業は「 子どもは好きだけど体力に自信がない 」「 適度な距離感をもって子どもと接したい 」

「 子どもや保護者が楽しめる場を作りたい 」「 小学生だけでなく、中学生や高校生とも関わりたい 」という方におすすめします。

子供と遊ぶだけで年収280万円の児童館職員まとめ

今回の体験談はいかがだったでしょうか?

お給料は安めで悪ガキの対応には若干苦労するようですが、保育士や幼稚園教諭に比べればかなり楽そうなのが分かりましたね?

憧れだった保育士や幼稚園教諭に二の足を踏んでいるのであれば、まず児童館職員を目指してみてはいかがでしょうか?

精神的に疲弊してうつ病になったら悲惨ですよ

僕が煩わしい現代社会から解放されて、心も体もリフレッシュできたわけ

 

詳細ページ公式ページ