心身共に楽な仕事

業務はテレビ鑑賞とナンパのみ?!病院警備が楽すぎたって話です

業務中はテレビ見ながらスマホ弄って、後は寝るだけって職業があったら就いてみたいと思いませんか?

現在私は、相当楽な仕事に就いていますが、さすがに業務中にテレビ見ながらスマホ弄ってたら、確実に同僚からチクられます。

暇な時は、資料作成しているふりして一日中ネットサーフィンしてますけどね。

世の中、業務中に何やっても怒られない職種は探せばいくらでも見つかるものです。

20代男性が経験した病院警備は楽すぎた

こんにちわ。私は現在病院の事務として物品の購入などを担当しております。

年齢は25歳で結婚したばかりの新婚です。

私は、3度転職をしましたが、一番楽だったのが病院の警備の仕事でした。

職業名は病院警備として働いていました。

主な仕事内容は夜間の電話をとったり、巡回をしたりすることでしたから、で凄く楽でした。

患者様が救急患者として来たら対応するぐらいで、それ以外は基本好きなことをしていいと言われていました。

本当に、拘束時間=自由時間。

ただ病院の守衛室で待機していれば、何をしても良かった。

どちらかと言えばヒマな病院でしたから、患者様も全然来なくて、お見舞いに来る患者様のご家族に会釈をする程度。

窓口が開いている時は、携帯を弄りながら仕事ってのはやり過ぎだと感じましたので、ひたすらテレビを見ていました。

慣れてくると、勝手にテレビにDVDレコーダーをつけて好きな映画を見たりとやりたい放題

病院の職員にクレームがくることも特になかったので、窓口が開いている時はひたすらDVDを見てましたね。

夜間はその場所に宿泊するため、後はご飯を食べ終わればすぐに睡眠。

明け方に仕事が終わりますので、そのまま飲みに行ったりと昼夜逆転の生活になっていました。

病院警備はテレビ見て看護士をナンパする毎日


もちろん精神的にも肉体的にも楽でした。

正直、体を動かす必要は全くありません。

病院の巡回といっても、敷地内の病棟を回ればすぐに終わります。

病院だから、霊が出たりして怖いと思う人もいるんじゃないですか?

しかし、その病院は薄暗い訳ではなく、いつも明るいままでした。

また、看護師も夜勤で出勤する時間なので、いつも会うお気に入りの子を、つい調子に乗ってしまいご飯に誘ったりもしました。

正直楽でしたし、看護士との出会いもメチャメチャありましたので、最高の仕事でした。

また、基本的に業務中も一人しかいないため、まず仕事の際に上司に会う事もありません。私の独断で何でも容易く出来る仕事でした。

あまりにも暇だと病棟の見回りとして、可愛い看護師がいるかのチェック等をしていて、正直仕事をしていると呼んでいいものかと疑問に思うこともありました。

病院の異常があったりすると、対応に追われて大変な日々となるかもしれませんが、一度たりもそのような事態が発生しなかったので、毎日楽しく仕事していました。

本当にこのような仕事があってもいいのか?と不安になるぐらい楽でした。

昼夜逆転に慣れればとは言いましたが、それはあくまでも私の生活リズムで、年齢を重ねた人でも普通に睡眠が取れます。

ですから、シニア層の人でも、昼夜逆転することなく難なく普通に働けますね。

暇すぎる病院警備でもらえた年収は300万円


年収額は、ボーナス込みで300万円ぐらいでしたね。

当時は独身でしたので、趣味も飲みに行く程度だったので余裕でやっていけました。

月に5万は貯金をしてなるべく外に出ないようにと、自炊をすれば楽勝でこれくらいの金額は溜まりましたね。

正直、こんな楽な業務をしてて300万円貰えることに対して、罪悪感がありました。

両親からも「 若いうちは苦労する必要がある、こんな仕事は絶対に巡り会う事は難しい 」と諭されていました。

私も正直そう思います。

なかなかこの業務量で、300万円貰えることが考えづらいですよね?

給料も毎年ほんの少し上がるだけですし、業務内容もただ座ってテレビを見ているだけ。

出世できるような職種でもないし、この年収が一生が続くと思うと、そこは不安でした。

同世代の友人たちは、どんどん給料が上がっていき、裕福な生活をしています。

一方の私はというと、ずっとこの年収で毎月節制しながら生活をしなければならないと思うと不安になることの方が多かったです。

そういうわけで、仕事にはストレスは全くありませんでしたが、給料に関しては不安しかありませんでした。

今後結婚をした場合の事を考えると、また、転職して同職種になっても、多くの給料は見込めないなと思っていました。

楽だが出世と昇給とは無縁の世界


私が病院の警備員として入社した理由は、就職活動の失敗からでした。

元々は公務員として働きたかったのですが、夢破れ、無職はどうしても避けたかったために、仕方なしに入社しました。

最初は、警備の仕事と言えば、交通整備の人員配置や人材確保確保の仕事を主にやっていくのだろうと思っていました。

しかし、仕事上どうしても人手が欲しいとのことで病院警備の仕事を今後の糧としてやって欲しいと言われ、配属されました。

入社する際は、忙しかろうが任された仕事を全うして、信頼を勝ち取って出世したい考えていましたが、まさかの病院の警備。

コミュニケーション力があれば、だれでも出来る仕事を任された時には、こんなはずではなかったと思いました。

また、すぐに事務として再度起用されるのだろうと思いつつも、この会社では結局人手がどうしても確保されないからと、ずっとその現場で働いていました。

私の前任者はクレームが多く、上の人はクレーム処理に追われていたと聞きました。

正直、「 どんな対応をしたら、クレームが出るのだろう? 」と思っていましたが、私の場合一切クレームがなったため、上司が「 君にはこの職種が合っているみたいだから、配置転換するつもりは今のところはない 」と言われ、愕然としました。

このままではスキルアップが出来ないと、ひどく落ち込みました。

楽な病院警備を探している人へのアドバイス


病院警備は肉体的にも精神的にも本当に楽ですね。

私も定年後は再び、病院の警備に就きたいと思っています。

しかし、若い人には全くオススメできませんね。

国家資格や公務員試験を目指しているなどの目標があるのであれば、この仕事をしながら目標に達成すればいいのではないかと思います。

しかし、ただ楽をしたいだけであれば、スキルアップは見込めません。

私も最初の頃は一生この仕事でもいいやと思っていましたが、他のサラリーマンに比べると、成長できる環境とは言えません。

少しでも、成長したいと考えているのであれば、大きな会社で色々な人に揉まれるべき。

本当に特に目標もなく給料は300万円でいいと言う人には、病院警備は楽ですからガチでオススメします。

器用な人であれば、本当に自分がしたいことをしながら給料が稼げますので、映画を見たりスマホゲームをしたりしながら、ほとんど家と変わらない生活が出来てしまいます。

アドバイスとして厳しいことも書きましたが、楽しく生きていきたいという人には本当にピッタリの職種です。

最初は大変かもしれませんが、慣れると本当にいい環境で仕事?が出来てしまいますよ。

業務はテレビ鑑賞!?病院警備が楽すぎた話まとめ

今回の体験談はいかがでしたか?

私も長年転職支援をしていますが、設備警備ほど楽な職種は見たことも聞いたこともありませんでした。

給料もらえて、テレビ見ながらスマホ弄って。夜勤明けに看護士ナンパして、朝酒なんて最高じゃないですか?

チャンスが巡ってきたのであれば、逃してはなりませんよ!

精神的に疲弊してうつ病になったら悲惨ですよ

僕が煩わしい現代社会から解放されて、心も体もリフレッシュできたわけ

 

詳細ページ公式ページ