心身共に楽な仕事

総務の人って暇じゃないの?職場で勤務している女性担当に聞いてみた

どこの職場にも総務という職種がありますが、「 あの部署の人達はいったい何をしているのだろうか? 」と疑問に思ったことはありませんか?

製造は、物を作る部署。営業は、物を売る部署。経理は、お金を扱う部署って分かるんですが、「 総務だけは理解できない!!本当に要る部署なの? 」って人が多いです。

私自身、15年ほど総務職をやっておりますが、他の部署から「 同じ給料もらってて不公平だ 」ってクレームを受けることが多いですね。

本当は、製造と営業と経理がやっていること以外、全て総務がやっているんですが、見えない業務が多すぎて謎なんでしょうね。

総務は基本的に嫌な仕事が集中する職種

こんにちは。5年間総務事務で働いている35歳女性の藤島と申します。

みなさんは会社からノルマを課せられたときにどのように対処していますか?

それは無理だとか、出来れば嫌な仕事や面倒な仕事は他の人にまわしたいと思ったことはありませんか?

実は私はそんな仕事こそ、手を挙げてやり続けてきました。

私は総務事務についています。

本当に色々な事務を任され、ノルマはないと思いきや実際に働いてみると、それぞれにノルマが課せられて最初はとても戸惑いました。

悩みに悩んで周りの人間関係もうまくいかずに考えだした結果、嫌だと思われる仕事を自ら引き受けてしまおうと考えるようになりました。

例えば会議後のメール送信、文章をまとめて書類を作り、メールを必要な人宛にメールしなければならないのは、神経を使う仕事の一つでもあります。

ミスをして送信すれば大問題になりかねないので嫌がる人も少なくありません。

ですが、私は自ら率先してその仕事をやらせていただいています。

私にとっては、逆にそれが一番楽だったと言えるからです。

文句を言わずテキパキ仕事すれば楽になる


なぜ嫌がれている仕事をすることが一番楽だったのか、それは同じ職場の人間の心理をある意味錯覚させられるからなのです。

つまり、いつも藤島さんは嫌だと思われている仕事をしっかりと辛そうな顔も見せることなく、愚痴をいうこともなくむしろテキパキとこなしてくれる。

イコール藤島さんは、好きな仕事と嫌いな仕事を分け隔てなく、仕事は仕事と割り切ってしっかりとやる人だという印象を与えることが出来ます。

そのことでさばさばした人だと思われ、人のうわさ話や人間関係の話についてはノータッチになることが精神的にかなり楽になりますね。

以前の職場では、うわさ話や人間関係で相当苦労したので、それがあるのとないのとでは、毎日仕事をしていく上でどれだけ重要なことかと嫌という程知らされたわけです。

その過去の経験のおかげで、新しい事務職では精神的に楽になるためにどうすればうまくやれるのかを、かなり考えて働く決意をしました。

肉体的にある程度きつくても、精神的に楽なのであれば我慢することが出来ますが、

精神的に辛いと肉体的に楽でも耐えられることが出来ないということは、

今まで経験してきた仕事で身をもって体験してきました。

そのためにある程度辛くても、嫌だと思われている仕事を自らするスタイルになった訳です。

楽な総務職でもらえる年収は430万円

 
年収は実際のところ、ボーナスが10万円~30万円の差があったものの、430万円程度もらえてました。

正直な気持ちを言えば、この年収では実際に家族を養うとなると相当厳しいものがあります。

それも理解しています。

自分の納得のいくマンションも買いたいのですが、ローンを組もうとする時点で年収がひっかかり落とされます。

組める額のローンを組んだところで、実際の毎月返済する額もかなりの額になってしまい、家計を圧迫することになります。

だからといって賃貸のところに住むとなるとしっかりとしたマンションに住みたいと思えば、駅から遠いか都会から離れたところ、あるいは面積が狭くなってしまうのが実情です。

実際、駅から離れたせまいマンションに住んでおり、だからといって食費もおさえ、理想の素敵な家具は雑誌で見て楽しむだけの質素な生活なのが現実ですね。

ですが、前の仕事でいかに精神的な部分が大事なのか、中々事務職で社員として働くにはとても雇ってもらうところが中々ないことや、

新しい仕事を初めからやるのには、かなりの時間と体力が必要だということが身に染みて分かりました。

年収はとてもじゃないですが満足していないのが正直な気持ちですが、それ以外の部分でいえば、ある程度満足しているので、辞めることは考えていません。

そして、事務ということで肉体的にもかなり楽なのは本当なので、そういう意味でもある程度楽しく感じながら仕事をやらせてもらっています。

暇そうに見えても鬼のように雑務が溜まっていく


この仕事で大変だと感じている部分は、毎日どんなときでも臨機応変な対応を求められることでしょうか?

それが出来そうで出来ないのが難しいと感じるところでもあります。

例えば何日の何時から会議があって「 その会議内容をまとめて報告をしてください。 」と言われていたとします。

それを当日の何時までに、ある方に報告しなければならないと言われいても、それだけの仕事を一日中しているわけではもちろんないわけです。

途中で新しい仕事がたくさん舞い込み、またそれが数分で終われるような簡単な仕事内容ではなく、例えば実際に電車を乗り継いで、違う会社に行かなければならないことも多々出てくるんですよねー。

そうなると、その日に内容をまとめて報告しなければならないところ、実際に他の会社から帰って来るのが夕方になり、ようやくまとめて報告出来る時間が夜になってしまったりするということが、頻繁に起こり得ます。

上司は私がどんな仕事をしてどんな理由で報告が遅くなったのを知らないわけですから、「 どうしてこんな簡単なことをするだけなのに遅いんだ? 」と思っちゃうんですよね。

そういう助言をくれるのなら言い訳の一つも出来るわけですが、上司は気を遣って何も言わない代わりに不機嫌になるんですよね。

毎日違うちょっとしたこういったことが毎日あるので、いかに臨機応変に対応するかが鍵といわれる仕事なのだなと感じています。

それは簡単なようで実はとても難しいことだと毎日のように実感しているところです。

今後、総務職に就きたい人へのアドバイス


この仕事は最初は事務職だということで簡単そうなイメージであるかと思います。

ですが、毎日やる仕事があまりにも様々で誰もが出来る仕事ではありません。

与えられた仕事をコツコツこなすのが得意な人には向いてない仕事と言えます。

どんな事も自分で考えて、毎日違う仕事があふれるように出てきます。

その為にコツコツやるよりも、ある程度刺激を求める人や飽き性の方にとっては向いてるかもしれません。

それから、ある程度アクティブなほうが意外にも向いていると言えます。

お給料も決して高くはないし、場所によっては残業も当たり前にあるところのほうが多いので、決して楽な仕事ではありませんが、毎日色々なことをやらせてもらえるので、楽しさはそこから見い出せます。

私的には条件はきつい仕事ですが、とても楽しい仕事に出会えたなと思っています。

会社を守る大事な一つの力でもあるので、それを感じながら毎日仕事すれば、生き生き出来る仕事なので頑張って欲しいです。

いつも暇で楽そうな総務職まとめ

今回の体験談はいかがでしたか?

総務職は、縁の下の力持ちとして会社を支えている職種。

ホスピタリティ精神を持っていて、話好きな人には最高の職種と断言できますね。

ご縁があったら、総務職にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

精神的に疲弊してうつ病になったら悲惨ですよ

僕が煩わしい現代社会から解放されて、心も体もリフレッシュできたわけ

 

詳細ページ公式ページ