心身共に楽な仕事

強烈な眠気が最大のネックだが工場の検査作業はメチャメチャ楽

工場のお仕事と言えば、精神的に肉体的にも辛い仕事ばかりだと思っていませんか?

例えば、ライン工。

絶えず流れて来る仕掛品を、拾っては部品をハンダ付け。

これは、工場の中でも一番辛い仕事の部類。

僕自身、工場で作業員として、また総務職として長い間働いてきましたが、圧倒的に楽な仕事は存在しますね。

検査(品質保証)・研究開発・あとは我々のような事務職。

この3つは、ライン工と次元が違うぐらい楽。

工場の検査作業は単調な仕事すぎて楽

はじめまして。40歳会社員女性です。現在販売職をしております。

いろいろな人に毎日お会いするので楽しい毎日を送っています。

この約20年で5回ほど転職しています。

楽だった!と自信を持って言えるのは、数年前に就職したある地方の製造工場の品質管理のお仕事。

配属された初日に、既に一番楽だなぁという印象を持ちました。

私が配属された部署では、品質の管理がメインでした。

仕事の主な内容は、様々な品質を確認する試験で、顕微鏡で見たり液体につけたり、引っ張ったり、製品に変化がないか確認するという簡単な作業が多かったです。

簡単な機械で数値を読むか、自分の眼で確認する仕事ばかりでしたので、早かれ遅かれ誰でも覚えられる楽な仕事でしたね。

パソコン入力もありましたが、慣れればメチャ簡単。

ほとんど座り仕事で、作業自体はチームごとに分かれていますので、1チーム数人の限られたメンバーとしか触れ合わず、そこも気楽。

部屋も静かで夏は涼しく冬は暖かく、こんないい環境で座って簡単な作業を行うのは楽しかったですね。

時々他の部屋にも行きましたが、人がほとんどいないし、簡単な探し物をして持ってくるだけなので、負担どころか散歩位の気持ちで楽しんじゃいました。

検査作業が終われば時間を持て余すほど暇


検査のお仕事は何より、気楽であるという言葉が一番ピッタリですね。

社員数も200人程度だったので、すぐに全員と顔なじみになり、挨拶等はしっかり励行される社風でしたので、ぎくしゃくするようなことも一切ありません。

チーム分けされており、直接関わるのは自分のチームの数人だけです。

チームリーダーは責任があり管理するので大変そうでしたが、リーダーではない私の様な一般チーム員は、指示された量を正確にこなしていればいいだけ。

ですから、余計な心配や気をもむことも一切なかったです。

製造工場は季節によっては棚卸等で多忙を極めているようでした。

しかし、検査は年に数回の忙しい時期以外は、雰囲気も違い、ほんわかしていましたね。

上司が、その日の検査量や人数をうまく調整してくれたのが、何よりもありがたかったですね。

当時、会社の景気が上向きという事もあったので、そういった精神的に余裕を持てる社風になっていたのかもしれません。

また、座っていた椅子が腰に負担の少ない作りの椅子だったので、非常に腰に負担がかからず楽に感じました。

また、時間を持て余すこともしばしばあって、簡単なお手伝いをして「こんなので定時までいてお給料もらっていいのかな」と申し訳なく感じていました。

また、会社内は広くないので移動も少なく、よくも悪くもコンパクトにできていました。

移動範囲が少ないので、とにかく体力温存できます。

工場の検査員がもらえた年収は300万円


年収は300万円前後でした。

年に2回ボーナス込です。

決して高くないものの、一人暮らしであり、地方で家賃や物価も安かったので、自炊派の食費はとても安く済みました。

一般的な買い物に関しては、不便も感じることはなく、楽しい暮らしでした。

貯蓄もできましたし、満足でした。

会社の飲み会もそれほどなかったので、痛い必要経費ともいえる交際費はそれほどかかりませんでした。

正直仕事が楽なのに、この金額を頂けるのは穴場だと感じてしまいました。

休みも取りやすく、少し風邪をひいて休む事でも何も言われず、当然陰口をたたかれることもなく、休めたので嬉しかったなぁ。

土日も基本お休みで、家庭やプライベートとの両立も全く問題なく同僚たちも笑顔で働けていましたね。

ベースアップは少なかったものの、会社の業績は悪くなく、正社員であるといことから精神的にも安心感がありました。

ですから、あまり会社に対して給料面や福利厚生面で、文句を言おうとまでは考えませんでした。

ただし、残業が少なく、早く帰宅でき体力も有り余っていたので、やはりお金がもっとほしくなり、夕方からバイトしたいと何度も考えてしまいました。

社内恋愛で結婚した同僚は、共働きしながら子供2人育てなければならず、大変そうでしたが、何とかやっていけておりました。

単調なお仕事ゆえ強烈な眠気に襲われる


場合によりますが、単調なので考え方によっては、とてもつまらない仕事ですね。

毎日毎日、同じものを大量に検査。

あまりにも単調で飽きてくるので、辞めたくなってしまいます。

残念なことに、実際飽きて辞めていく若者が多かったですね。

また、仕事の知識や資格のような技術的な向上心があっても、基本的に必要ないことが多く、学べるものがない場合がほとんどでした。

つまらないと考えてしまい、キャリアアップを考えるともっといろいろ挑戦したくなり、耐えられず前向きな意味で転職する仲間も多かったですね。

やはり、仕事が単調ゆえに眠くなります。

とくに顕微鏡を使う作業は眠くなり、実際にうとうとしている同僚を何度も見ました。

もちろん、自分も座ったまま居眠りしたことがあります。

座り仕事の宿命ですが、コーヒーを休憩時間に飲むのは必須。

更に、一番予想外であったことは、人の顔を覚える事です。

そんなこと簡単だと思っていました。

しかし作業場では、帽子やマスクをかぶります。

私は人の顔を覚えるのが苦手で、しかも時間がかかりました。

最初の数か月は、食事の時間以外は誰が誰だか覚えられず、よく人違いをしていましたね。

ホントにお恥ずかしい限りです。

特に、中年女性がすべて同一人物に見えてしまい困りました。

覚えてしまえば、そんな悩みは消えてしまいますので、みんなで後々には笑い話になります。

今では本当に良い思い出ですね。

工場の検査員を目指している人へ一言


検査員は、淡々と仕事ができる方には、是非お勧めしたい職種です。

黙々と、動かず同じものを何千個も検査する作業に飽きず、粘り強く続けられるかが重要です。

内容は簡単ですが、数をこなしていくと飽きて注意力散漫し、仕事がずさんになってしまいます。

しかし、自分の検査したものが国内外へ渡ると想像するだけで、責任ややりがいを感じられるのではないでしょうか?

また、製造したものを検査し、出荷するという一連の流れを目の前で感じ取れるので、直接モノづくりに携わっているやりがいを感じ、社会の一員であることを実感できます。

いくら機械化が進んでも、人間の力で世の中の経済が回っている気持ちになれます。

チームでの作業なので、当日の検査ノルマをやりとげた達成感や、チームのまとまりも魅力的ですね。

それでいて、毎日体力を温存して働くことが出来ますので、アフターファイブも家庭に遊びに元気に過ごせます。

考え方によっては、このようなペースを保つことが可能な仕事は少ないのではないでしょうか?

是非、心も体も楽に仕事がしたいのであれば、挑戦してみてください。

工場の検査作業はメチャメチャ楽な話まとめ

今回の体験談はいかがでしたでしょうか?

私も数回転職して、様々な工場を体験しましたが、検査員程楽な仕事はないのではないか?と思うほど楽ですね。

逆に辛い仕事と言えば 製造工員はヤヴいぐらい辛いので、できることならば避けるのが無難です。

手に職を付けたいのであれば、また別の話ですが。

精神的に疲弊してうつ病になったら悲惨ですよ

僕が煩わしい現代社会から解放されて、心も体もリフレッシュできたわけ

 

詳細ページ公式ページ