心身共に楽な仕事

楽すぎてゴメンナサイ!カスタマーサポートの仕事が楽すぎて笑えた話

カスタマーサポートのお仕事って楽ではないですよね?

ITリテラシーに弱いシニアや中高年相手だと、メチャメチャ疲れます。

私自身、工場のシステム担当として20年以上やってきましたが、まず相手の状況を把握するのが困難。

「画面が真っ黒」とか「電源が入らない」ならまだしも、クリック・ダブルクリックが分からない世代が未だいることに驚かされていました。

IT企業でカスタマーサポートのお仕事をしているちょろさんは、そんな常識を覆すような職場に勤められています。

話す必要一切なし!対応はメールのみの職場

こんにちは!5年前に転職をして、現在は IT企業でエンジニアをしているちょろです。39歳の女独身です。

私が一番楽だったと思う職業は、IT企業のカスタマーサポート(ヘルプデスク)です。

その会社のカスタマーサポートは電話での対応がなく、メールで返答すればよかったので、アドリブや機敏さは全く必要ありませんでした。

問い合わせのほとんどは、自社製品(ソフトウェア)の使い方に関する質問。

ITリテラシーに弱いお客様からの質問が多く、丁寧な説明ができれば難しい技術はほとんど必要としませんでした。

問い合わせの難易度はあまり変わりませんので、仕事に慣れれば慣れるほど早く対応することができるようになります。

さらに、人事評価は問い合わせ対応件数を基準に行われるため、まじめにコツコツ対応していれば、悪い評価をもらうことはありませんでした。

上司も優しい穏やかな人でしたし、基本的に定時に帰ることができました。

問い合わせが来なければ、自社製品の勉強をしていてよかったし、人員が十分足りていれば1週間ほど休んで旅行に行くこともできました。

お気に入りの音楽を聴きながらのお仕事

どちらかといえば肉体的にも精神的にも楽でしたね。

なぜならば、まったく外出することがなく、ずっと自席に座って、メールを書いていれば仕事が成り立っていたから。

1時間くらい仕事をすると、眼精疲労と肩こりがしますが、定期的に小休憩をとることができました。

定時まで働いても、疲れ果てるようなことはありません。

私は小休憩の間に、近所まで散歩することを日課にしていました。

仕事中は、お気に入りの音楽をかけながら仕事しても怒られません。

究極は、仕事中の飲食が基本的に自由で、リラックスできるハーブティーを飲みながら仕事をしていました。

メールでの問い合わせ対応ですから、電話対応のようにイレギュラーな対応を求められることがありません。

自分が着手したいお問い合わせから、自由に対応することができます。

仕事のルールもそれほど厳しいものではなかったので、精神的な苦労もほとんどしたことありません。

ただし、あまりにも運動することがないので、一時期運動不足がひどくて、体重が激増してしまいました。

それと、ごくまれに他の部署の支援をするような仕事をすることがありましたが、身体がついていかないのが少々悩みでしたね。

他の部署の人からは、贅沢な悩みだと言われているから、悩みのうちには入らないのかもしれません。

カスタマーサポートでもらえた年収は450万円


年収は450万円です。

この中には、住宅手当や資格手当などが含まれており、ボーナスは年2回で、トータルで月給の4ヶ月分。

上記は、残業を月に20時間行った場合の金額です。

仕事内容的にあまり残業は発生しない仕事なのですが、上司に金銭的な仕事をすれば追加の仕事をもらえて、残業の許可をもらうことができました。

そのため、予期せぬ出費が多い月には、そのような生活残業をすることで調整していましたね。

この収入ですと、贅沢はできないけど、無駄遣いをしなければ普通の暮らしができます。

ただ、私は奨学金の返済義務があったので、昼の弁当と飲み物を持参して、極力出費を削ることを余儀なくされました。

妻子を養うにはこの額だと厳しいのではないでしょうか?

私達の部署に妻子持ちの人はいなかったから、その辺は答えられません。ごめんなさい。

出費を抑えなければいけない理由に、昇給・昇格が見込みづらい状況であることがあります。

仕事が楽であるというのも理由の一つですが、人事評価がたとえよかったとしても、他の部署よりは給料が上がりにくい職種ですね。

ヘルプデスクは間接業務であり、直接売上や利益を上げる仕事ではないからだと思います。

仕事内容からすると、この収入は妥当なのかもしれないと思い、その当時は割り切って考えていました。

それに、勤務時間に融通が利いて長時間拘束されることがなく、接待・交際費、スーツ代のように、自分のお金を持ち出すことも考えられませんでした。

今思い返しても、決して悪くない金額です。

タイピングの音しか聞こえない職場


入社後に想像と違った点は、同僚とはもちろんのこと、お客様とまったく話さない仕事である点。

電話で対応することがほぼ皆無であり、基本は1日じゅう黙々とタイピングする仕事。

仕事中はタイピングの音しかしません。

私語もしづらい環境です。

私語や自分のタイピングの音で周囲に迷惑をかけていないかを気にしつつ、周りに気を使いながら毎日仕事をしなければいけません。

内勤は、人間関係が大事です。

あまりにもしゃべることがないため、一時期話す力が低下して、プレゼンテーションやディスカッションができなくなっていました。

もちろん日常の仕事ではアドリブを必要としないため、アクシデントの対応力は日増しに弱くなっていました。

顧客の顔を見たり話すことがないことが、入社前に描いていた仕事に対するイメージと最も違っていた点でしょうか?

お客様対応の仕事をしているのに、そのお客様のことをよく知らずに仕事をしている状況。

このままでいいのかなと、たまに考えてしまいます。

この仕事の大変な点は、ごくまれにクレームが来ることです。

メールで、文字だけで、いかに相手の気持ちに寄り添った対応をするかを考えるのは、意外に神経を使います。

それと割と単調仕事なので、将来はAI(人工知能)に取って代わられやすい不安が拭えません。

あと、他の部署からも楽な仕事をしていると認識されているので、悪く言えば馬鹿にされることがありますね。

「あの部署ばかり楽な仕事しやがって…」と陰口を言われることがあります。

カスタマーサポート職に就く人へ一言


文章を書く仕事をしたい人や、手紙を書くのがうまい人、間接的な接客業をしたい人にはメチャメチャ向いている仕事です。

そして、家庭の事情で時短勤務をしなければいけない人、体力がない人、早く帰りたい人、ガッツリ稼ぐ必要がない人にとっても、最高の環境ではないでしょうか?

外に出ることはないので、メイクや服装に対して過剰に気を遣う必要は一切ありません。

自分のペースで仕事を進め、早く済ませることができれば、その分早く帰ることができます。

本当に自由過ぎる仕事環境ですね。

でも、その状況が永遠に続くかどうかは分かりませんよ。

仕事内容は楽ですが、楽なことばかりしていると結局いつかは苦がやって来ます。

それを踏まえた上で、この仕事を選んでもらえるといいのではないでしょうか?

あるいは、自分の仕事に負荷をかけて、少しでも自分が成長するように頑張ってみるのもいいかもしれません。

それによって、ある程度のキャリアアップは可能ですから、是非頑張ってみてください。

カスタマーサポートの仕事が楽すぎて笑えた話

今回の体験談はいかがでしたでしょうか?

運動不足、肩こり、目の疲れは事務職の宿命のようですね。

私も、運動不足は何とかしなければ…と反省の毎日デス。

精神的に疲弊してうつ病になったら悲惨ですよ

僕が煩わしい現代社会から解放されて、心も体もリフレッシュできたわけ

 

詳細ページ公式ページ