精神的に楽な仕事

楽すぎてゴメンナサイ!メーカーの営業事務に転職して分かったこと

仕事が超できる営業事務に助けられた経験はありませんか?

私自身、以前パートナーを組んでいた30代の女性には何度も助けられましたよ。気が利くというか、阿吽の呼吸と言いましょうか、痒い所に手が届く感じ。

こういう女性がアシスタントに就いてくれると、超仕事が捗りません?

しかも英語力がネイティブ並みという特技を持っていたため、他部署からも引っ張りだこでした。

そんな彼女も出産を機に退職してしまい、次に来た女の子は逆に使い物にならなかったという…。

比較をして申し訳ないのですが、その後5年間は私にとって地獄でした。

30代で大手商社からメーカーの営業事務職に転職した彼女は、天国気分で今日も仕事を謳歌しているようです。 

メーカーの営業事務職はガチで楽だった

私は35歳女性です、私がやっている具体的な事務職名は営業事務。

営業事務は、事務職ながら営業活動にも参加でき、楽しそうなイメージがあるためか、人気のある職業です。でも、所属する会社によっては、事務員なのに営業並みに働かされて、すごく忙しくて大変な場合もあります。

だから、営業事務とひと口に言っても、職場によってかなり左右される職業と言えます。

ちなみに、私が営業事務の正社員で楽だったなと思ったのは、メーカーの営業事務をしていた時でした。

一番楽だったのは、メーカーなので限られた商品しか扱わず、決められたやり方でしか仕事をしなくて良いからでした。

私は、商社でも営業事務をしていたのですが、商社であれば、ありとあらゆる商品を扱うので、商品知識についても際限なく求められるし、仕事の仕方も仕入れ先に左右されるので、とにかく大変でした。

もし、営業事務をやりたくて、ちょっとでも楽して稼ぎたいなら、メーカー勤務が絶対におすすめです。

メーカーは扱う商品が少ないので楽すぎた

メーカー勤務の営業事務が楽なのは、まず仕事量がほどほどだからと言えます。

商社勤務なら、かなり忙しいので残業は当たり前でしたし、職場の雰囲気が慌ただしいので、定時で帰宅できるなんて感じでは全くありませんでした。

だから、メーカー勤務は、肉体的にかなり楽ちんで、めちゃくちゃ良い職場だなという感じがしました。

ちなみに、なぜそうなるかと言えば、メーカーは商社よりもはるかに利幅が大きいので、販売する商品の数が多くなくても稼げるてしまうんです。

もちろん薄利でやっているメーカーも存在するでしょうし、少数先鋭の会社なら、それなりに忙しいでしょう。

でも、商社のように薄利な上に、扱う商材も多く、人件費も高いとなれば、それはそれは忙しさの桁が違います。

また、残業もなく、日中もそれほど忙しいわけではないことは、精神的にもかなり楽です。忙しいと、長期労働になりがちなので、肉体的にきついというのはよくあることです。

でも、忙殺されて精神的にも疲れてくると、ミスは増えるし、早く仕事を終わらせようという気力もだんだんなくなってきます。そうなると、残業が終わらない負のスパイラルに陥ってしまいます。

だから、残業もなく日中もそれほど忙しくはない職場は、天国です。

とあるメーカーの営業事務でもらえた年収は300万円

営業事務は、一般事務よりも年収は多いと言われていますが、やっぱり稼げる職場とそうでない職場はあります。

率直に言えば、先ほどから私が言っている、忙しい商社時代は稼げましたが、忙しくないメーカー勤務は正直、残業もないので稼げません。

私が楽だな、と思いながら勤務していたメーカーでの営業事務は、年収300万円に届いていませんでした。

これは額面ですので、手取りでは月収15万円にボーナスがあるというところです。

私の場合、実家暮らしをしていたので、困りはしませんでしたが、はっきり言えば、仕事へのモチベーションが上がる金額ではありませんよね?

もし、私に養うべき家族がいたら、かなり困っていたでしょう。切り詰めてなんとか生活して、贅沢は本当にたまに、という感じでしょう。ちなみに、比較的都心で働いていましたので、地方でのメーカー勤務となればもっと低いのではないでしょうか?

家族を養って生活するには、いくら楽な職場とは言え、厳しいものがあると思います。

もし、このような職場で家族を養いたいなら、副業をするか転職をおすすめします。

そしてもちろん、メーカー勤務のまま、営業事務でも昇給や昇進はありえますので、それを目指すのも良いでしょう。

たとえば、他の営業事務をまとめる管理職的な役割を担ったり、仕事の効率を上げる提案を上司にするなどすれば、少しずつ結果は出るはずです。でも、与えられた仕事をこなすだけでは、メーカー勤務の営業事務は年収が低いままの可能性はあります。

商社からメーカーの事務職に転職して感じたギャップ

商社勤務での厳しさを味わった後に、メーカー勤務へと変わったので、入社後にはこんなに違うものかと色々と驚きました。

入社する前は、穏やかな日々が始まるはずと思っていたのですが、そう単純な話ではなかったわけです。

たとえば、商社勤務なら、とにかく忙しいので、仕事のやり方はよく言えば全て任されていて、悪く言えば本人次第の丸投げ状態でした。

一方、メーカー勤務は忙しくないので、いくら違和感があっても、仕事のやり方はそう変えられはしないし、自分のやり方でやるような自由度はありませんでした。

また、自分なりに努力して効率を上げるよりは、周囲と調和をはかってうまくやって行くことを求められたので、かなり戸惑いました。

言い方は悪いかも知れませんが、仕事がデキることより、感じの良い人であることを求められる、といった雰囲気でしたね。

それまで、忙しい職場が嫌で嫌で転職した口なんですが、実はそこにやりがいを感じていたのだと改めて思い知りました。でも、もう転職してしまったのだから仕方ありません。

私は、周囲に求められるような感じの良い人に思われるよう努力し、職場になじむように頑張りました。その結果、自分の仕事のやり方を少しずつ出来るようになりましたし、それでいて商社勤務の時ほどは忙しくなく、穏やかな日々が迎えられるようになりました。

ちなみに、メーカー勤務でも、商社勤務のように、効率を上げて働くやり方を社内に提示することで、昇給もしましたし最終的には昇進もして現在に至ります。

楽な営業事務に転職したい人へアドバイス

営業事務は、街中を動き回る営業職と違い、ずっと事務所にいられます。

だから、営業活動に参加したいけれども、動き回ったりたくさん人と会うのが苦手な人には特におすすめの職種です。

とにかく静かに仕事をしたい人には不向きだけれど、お金を儲けたり、商品が売れる様を見るのが好きだったり、それを刺激的なことと感じられる人は、向いていると思います。

しかし、営業事務も他の職業と同じように、所属する会社によって、忙しさや仕事のやりがいが変わってくる職種です。その会社について、事前によく見極めて就職できれば、一番良いでしょう。

でも、外から見るのと、実際にそこで働いてみるのとで、ギャップがあるのはよくあることです。

自分が仕事に何を求めていて、その職場から何を得られるのかよく考えて、辞めるなり、続けるなりの判断をしましょう。営業事務と言っても、いろいろな会社で働けますので、もしその会社で行き詰まっても、次もある職種です。

積み重ねも役に立ちますので、とにかく続けることは大事だともお伝えしておきます。

メーカーの営業事務に転職して分かったことまとめ

営業事務は業種によって大きくライフスタイルが変わって来るようですね。 転職の際は、希望する職場について、入念な下調べをしておくべきでしょうね。