心身共に楽な仕事

50代でリストラされ流れ着いた先が天国のように楽な図書館だった話

公共施設や大学のスタッフ職は、人気な職種なので中々空きが出ませんよね?

特に図書館は人気職の代名詞で、1人募集すると100人以上の応募があり大変だと、近所の図書館長さんに聞いたことがあります。

それが正社員の募集ともなれば、大変なことになるのは容易に想像できますよね?

私自身、図書館ではありませんが、公共施設スタッフの正社員枠に応募したことがありますが、面接会場は人人人。

恐らく公共施設側も、こんなに応募があるとは思わなかったのでしょう。

私は5時間も待たされた挙句、諦めて帰宅した記憶があります。

もう20年以上前の話です。

50代男性が経験した図書館スタッフは簡単すぎた


50代男性で図書館スタッフアシスタントやっている梅吉です。

50代後半に30年間勤めていた工場をリストラされ、色んな職業を渡り歩いて現在に至ります。

偶然にも、図書館スタッフに空きが発生したその当日、ラッキーなことにハローワークに居合わせてて、仲がよくなった職業アドバイザーさんから推薦状をもらい紹介してもらいました。

しかもパートタイムじゃなく、正社員としてですよ?

「 これはもう何が何でも、合格しなければ!! 」って思ってたら、アドバイザーの方が「 この人なら大丈夫 」って推してくれてたみたいで、

リストラされて人生に絶望したこともありましたが、こんな天使みたいな人に巡り合える奇跡もあるんだな~って思いました。

このお仕事、名前からして分かるかと思いますが、図書館の中で、一番エントリーレベルな仕事になります。

一番楽だった訳は、本を棚に正しく戻すのがメインの仕事で、後は他の人がほとんどやっていたことですね。

きちんとした順序やルールを覚えるのには少しだけ時間がかかりましたが、一度覚えて慣れてしまい、割とテキパキと作業を進めていけるようになります。

頭の中でざっと棚の配置図イメージが出来てしまいます。

紛れもなく職業病ですよね?

それに身体がとても楽ですし、エアコンの効いた環境で雨風を凌いでいけるというのも、身体の丈夫でない自分にとってはとても楽に感じました。

それは都会ではなくて、地方だったからだということもありますが、物価なども考慮しましても、以前と違ってすぐ風邪をひいたりせずに済みましたんで仕事をあまり休まずに稼げました。

働いているというよりはボランティア活動してる感覚


この図書館のアシスタントのお仕事は、資格が必要ありませんでした。

基本的に、図書館司書さんや正社員として働いている方々の補助、人手といった感じの立場でした。下っ端はお給料は低めでも、働いていればいいことばかりで精神的にも楽でした。

それに自宅からすぐ近くで、通勤疲れがなく良かったという点も見逃せない特典だと思います。

他にはお客さんは、どちらかというとお客さんではなく訪問者といった感じです。

ご存知の通り、お客さんはお金をほとんど払わずに、図書館の書籍や音楽CD,映像ソフトんどを借りることが出来ます。

むしろこちらがボランティア、奉仕活動をしてさしあげているような状況でしたから、普通の接客などと違って偉そうな人に出会う確率が少なかったのも嬉しい限りでした。

職場柄、基本的にやさしい感じの人が多めで、攻撃的なお局さま的な存在がいないということも、楽な仕事だって評価していただけるのではないでしょうか?

全体的にせかせかしていなくて、のんびりとした感じで、割と自分のペースでお仕事を進めることができました。

やっぱり本や雑誌などが好きな人は大人しい、真面目で普通な人が多いですし、基本じっと座って本を読みに来ていらっしゃる方ばかりですから、無駄にかかわらなくてもいいという点は最高でした。

図書館スタッフでもらえた年収は200万円


年収額面で言いましたら、誰かを養うということはほぼ不可能です。

金額で200万円を切っていました。時給換算すると1,000円もありませんでせいたが、時間数がそれなりに安定していたというところが、稼げた大きな要因でした。

うちは年下の嫁さんがパートに出て共稼ぎだったので、なんとか暮らしていけました。

よっぽど質素で家賃も相当低くて、物価も低いところだったらいいのかもしれませんが、普通はこのお仕事をメインにして家族に関する支払いを全てするなどということは考えないほうがいいです。

もちろん図書館司書や資格を持って、かなり上のポジションにつけたのであれば、可能なんですがねぇ。

このお給料ですが、独身の方でしたら、かなりつつましい生活を送るのであれば余裕でしょう。

派遣社員だから、正社員だから、パートタイムだからどうだとかというよりも、稼いだお金をどのように使うかなんですよね?

稼いでいる人でも貯金が少ない人もいますし、何とか食べていけるなら、こういったくくりで物事や生活の質を判断して行かない方がいいんではないかとも考えています。

だからといって無駄遣いは決してできません。

最高のミニマリストになって、楽しいことを自分の中で紡ぎ出していけるようなタイプの人間でしたら、十分なんではないでしょうか?

この仕事で稼げない理由は、労働時間が少な目で、特に残業がしょっちゅう発生するわけではないからです。

むしろこういう生活スタイルを好む人たちもいるようです。全てを自分の中で昇華できるんであれば、こういう簡単で楽な仕事をちょくちょくとやっていくというのもありなんではないでしょうか?

間違おうが遅かろうが注意されることはない職場


入社後に想像と違った点、こんなはずじゃなかったと後悔している点なんですが、仕事自体、作業自体はあまり色々と任されるものではないんで、教養のための施設で働いているにも関わらず、

自分自身が仕事中に学べることはそれほどは多くはないかとも思います。

しかし、本を外から眺めているだけでも好きですし、本棚自体を本として考えていけば、それなりには面白さを感じることもできるんではないでしょうか?

後悔をしている点をあえて挙げるというのでしたら、週5日ではなく逆に週2日3日にして、もう1つ副業として給料が高めなお仕事を入れるようにしたらよかったんではないかという点です。

この仕事の大変なところは、作業自体は簡単で間違ったからといって人が怪我をするなどということはなにも関わらず、厳しい意見を受け取ることもあるという点です。

こういう間違ってもいいよという考え方をしているわけではありませんが、不必要に神経質になっているような気もします。

それは一種人気職でもあるからだということかもしれません。

より完璧にしないと、次々とこの仕事をしたい人が狙っているんだから、気をつけなさいという意味かもしれません。

あとは、より良い人間関係を築いた者が得をするというのは、どの仕事でも変わりないことですね。

図書館スタッフを目指している人へ一言


今後この仕事に就く人へのアドバイスなんですが、一番楽な立場であってもお客さんはどういう立場かはわかっていないことが多いんで、それなりの勉強は必要かということです。

あとは何か得意分野を持ってみることも悪くないかと思います。

このジャンルだったら、この人が詳しいなど言われるようになると、他のスタッフたちも頼ってくれるます。

それに、たまたまおススメした本がお客さんのドツボにはまるような面白いものだったらものすごい感謝の言葉を受け取るようなこともあります。

あとはイベントなどを開催してくれる人のコネクションを持っていくこととか、それなりに普通とは違った要素が求められることもあります。

後は色んな人が長時間時間過ごす場所ですから、知らない人と人生を共にしているんではないかという錯覚に陥ることもあります。

そういった人が例えどんなタイプであっても気にせずに仲良くできることが大切にもなってくるんではないかと思います。

50代が流れ着いた先が楽な図書館だった話まとめ

今回の体験談はいかがでしたか?

公共施設は営利目的ではないため、どうしてもお給料は低くなってしまうようです。

その一方で、天下り組は、週1出勤にもかかわらず、時給1万円も貰っているというから本当許せない話です。

精神的に疲弊してうつ病になったら悲惨ですよ

僕が煩わしい現代社会から解放されて、心も体もリフレッシュできたわけ

 

詳細ページ公式ページ